既に人の判断より優れているセンシングシステム。導入の義務化で事故減少を目指すべき

先日田舎の十字路で、軽自動車と乗用車の正面衝突を目撃しました。

軽自動車が「止まれ」標識のあるわき道から確認不足のまま交差点に進入し、優先道路を直進中の乗用車に衝突したようです。

どちらのドライバーも高齢者でした。わき道から飛び出してきた軽自動車の過失が大きいのは当然ですが、優先道路の乗用車も飛び出してくる可能性を考慮して減速していたら避けられていた事故だと感じました。

と同時に、どちらかが既に実用化されている安全支援システムを搭載した車だったら、このような事故が起こらなかったのではと思います。

Honda SENSING 出典:Honda

既に人の判断を超えている車のセンシングシステム

自動運転車の開発競争が激化していますが、その過程で車の周囲の状況を認識するカメラやセンサーの技術が発達し、既にいくつかの安全運転支援システムは実用化されています。

そのひとつが「Honda SENSING」で、運転中はミリ波レーダーと単眼カメラがドライバーの目となり、周りの状況を認識します。

例えば冒頭で紹介した事故の場合、衝突軽減ブレーキがあれば回避できていた可能性が高いです。まずミリ波レーダーと単眼カメラが進行方向の先の車や歩行者を検知し衝突の可能性があると判断した場合、音とメーター内の表示で警告します。それでもさらに近づくと、軽いブレーキから状況に応じで強いブレーキで衝突を回避しようとします。

そのプロセスにおいて、警告段階ではアクセルペダルが振動し、自動ブレーキがかかるとシートベルトの軽い引き込みから強い引き込みをすることで、直感的に危険を知らせると同時に衝突に備える徹底ぶりです。

このシステムさえ導入していれば、運転者の確認不足などによる飛び出し事故、渋滞時の追突事故の多くが防げるのではないでしょうか。また、車間距離を異常に詰めて走る煽り運転の防止にもなりそうです。

さらに横からの飛び出しを避けたり、車線からのはみ出しを防いだりするステアリング操作の支援、標識を認識し表示で知らせてくれる機能など、ドライバーの運転の負担を軽減するシステムが次々と実用化しています。

問題は技術を受け入れる人の感情

交通事故による死者数は減っているとはいえ、3000人台半ばが毎年命を失っています。特に高齢者の運転ミスによる事故の増加は深刻で、通学中の子どもたちが犠牲になるニュースを聞くたびにいたたまれなくなります。

これだけ優秀な運転支援システムが開発されているのであれば、高齢者人口の急増する社会の到来に備え、今すぐ導入の義務化を検討すべき時期にきていると思います。

安全運転の呼びかけや罰則強化だけでは限界があります。残念ですが、年齢にかかわらず強制的に車の機能を制御すべきドライバーを毎日目にします。暗くなってもライトをつけないドライバー、曲がる直前までウィンカーを出さないドライバー、車間距離をやたら詰めてくるドライバーなど日常茶飯事です。

中には故意に危険運転をしているドライバーもいるのでしょうが、ほとんどが無意識にマナー違反の運転が習慣になっているのではと推測します。そんな人たちには、車が「危険運転」の警告を発することで、自分が間違った運転をしていたことを認識してほしいものです。

交通事故の原因のほとんどが人のミスによるものです。人は感情をもった生き物なので、体調や気分の変化が運転に影響を与え事故の危険性を高めます。一方で機械はプログラムの範囲内でしか動作しないため、「危険回避」を最優先にした明確な基準において判断を下します。

AIやカメラ、センサー技術の発達により、既に合理的な行動が求められる場所での判断においては、機械は人より優れていると個人的には確信しています。「AIで奪われる職種」なんて報道をよく目にするようになりました。本格的な人手不足時代が到来すると同時に、テクノロジーが人の仕事を奪う時代になります。「危険回避」、「人の幸せを最優先」するというプログラムが組み込まれる限り、それも悪くないと思っています。

まとめ

  • 年間3000人以上が交通事故で死んでおり、すぐにでも対処が必要
  • 自動運転車の開発競争の下、ブレーキアシストなど優れた運転支援システムが実用化してきている
  • 最先端の運転支援システムは、多くの交通事故を防げるレベルにある
  • 事故と原因のほとんどがドライバーの判断ミス。高齢化に伴い事故が増加する可能性あり
  • 「危険回避」、「人の幸せを最優先」を確保できる限り、テクノロジーの導入を進めるべき