『聲の形』を観た感想。「変わらなきゃ」って思っても変われないのが人だけど

昨日、Eテレで放送された映画『聲の形』(こえのかたち)を観ました。大今良時の漫画が原作で、漫画の存在は知っていたのですが、映画化され当時話題になっていたことは知りませんでした。「こんな良質な映画を見逃していたなんて、もっとアンテナ張っておかないといけないな」、と思い知らされるような映画です。

リアルないじめの構造を再現

小学生と高校生時代の若者を描いた画風はさわやかですが、「イジメ」や「死」を扱った内容は、とても重いものです。

主人公石田 将也の通う小学校に、耳の聞こえない女の子西宮 硝子が転校してきます。そのことで、とくに問題もなかった石田のクラスの秩序が崩れ始まります。転校生が目立たなく、クラスの空気に合わせられる子だったら彼らの日常は続いていたのでしょうが、障害があるためどうしても授業が止まったり、クラスメートの協力が必要だったりと彼らのペースが乱されることになります。中には西宮に協力的な子もいれば、それを疎ましく思うものもあり、そのストレスがイジメという形で西宮 硝子に向かうことになります。

イジメの中心になったのが石田で、その行動は徐々にエスカレートしていきますが、他のクラスメートも積極的に加担しなくとも止めることはありませんでした。止めることで、イジメでバランスのとれた新たな秩序を変えることは、次のイジメのターゲットになるリスクがあるからです。

しかしエスカレートしたイジメは西宮の母親からの訴えで大きな問題となり、石田ひとりが責任を負う形で収束することになります。皮肉にもイジメの秩序を壊したのは石田自身であり、必然的に次のイジメのターゲットとなり、その秩序は高校生になっても維持されることになります。

石田はイジメられることで西宮の気持ちが理解できるようになり、長年のわだかまりを解消するために行動を始めることになります。映画はその過程における、イジメた側、イジメられた側の心が徐々に視聴者に伝わるよう展開され、誰もが悩みながら一生懸命生きている姿を映し出します。そこには単なる善悪の話だけには留まらず、「人と関わること、生きることの難しさ」を観る側に考えさせる力強い映画だと思います。

「変わらないといけない」と思っても変われないのが人間

『聲の形』では、石田と西宮が過去のイジメ体験を乗り越え、お互いに歩み寄ることで友情や恋愛の感情が芽生える成長を描いていきます。その過程で回りの人たちも成長していく姿をみると、いつまでも過去に捉われるのではなく、「勇気をもって自分自身が変わっていくとが大切なんだな」って観る側も思うようになります。

先週観た邦画『オーバー・フェンス』も、そんな映画でした。『オーバー・フェンス』は、佐藤泰志の小説『黄金の服』に収められている短編作品で、オダギリジョー主演で2016年に公開された作品です。

大工を目指していた健一(オダギリジョー)は、離婚を機に故郷函館に戻り、職業訓練校に通います。そこで学ぶ人たちと無為な日々を過ごしていましたが、若い女性さとし(蒼井優)と出会うことで気持ちに変化が現れます。

タイトルのオーバー・フェンスは、心の壁を乗り越えていくことをメタファーとしているのだと思いますが、映画では健一が前妻や訓練校と一緒に学ぶ人たちとの関係や、さとしとの恋愛における戸惑いなど、健一が遭遇する壁をひとつひとつ乗り越えている様を丁寧に描いています。周りの目を気にしていつまでもうじうじしている健一の姿はリアルで、変わることの必要性を理解しながらそれでも変わることの難しさを、等身大の現代人を表現した良作だと思います。

まとめ

低予算映画『カメラを止めるな!』のヒットの影響で映画愛が再び沸き始め、意識的に映画を観る回数を増やしています。やっぱりいい映画は、心を動かされますね。おっさになったからか、若者の映画は「がんばれ」って応援したくなりますし、恋愛映画は「嫁さんもっと大切にせんとな」と反省を促してくれます。そんなことを繰り返しつつ、人のことを思いやれる人間に変わっていけたらなあと思います。