中国人の爆買いが梅毒患者増加の原因?日本人女性を貶めるミスリード記事

経済評論家の三橋貴明氏が主宰する会員サイト『月刊三橋』から、昨日号外として以下の内容のメールが届きました。

あなたは、日本人の女の子の多くが「裕福な」外国人向けに水商売をしている、、、悪夢のような貧困国に転落しつつある現実をご存じですか?実はもうすでに悪夢は始まっています、、、今、日本人女性の梅毒患者が急増しています。2011年の数から5倍以上にもなっています。

どうやら、「裕福な」外国人向けに水商売をしている日本人の女の子の間で梅毒患者が急増しているという主張のようです。

梅毒患者の増加は中国人の日本人女性の爆買いが原因?

確かに日本人女性、特に20代の若者の間で梅毒患者が急増しているようです。その要因についていくつかのサイトを参照しましたが、月刊三橋が主張する「急増する中国人観光客が風俗を利用し梅毒を広めている」可能性を指摘するものもありました。しかしあくまで可能性のひとつで、他にもマッチングアプリの利用者の増加により、不特定多数の男女間で性交をもつ機会が増え広がっている可能性や、診断の精度が高まりこれまで見逃されてきたものが発見されているという可能性もあるといいます。

また、女性の急増が目立つ梅毒患者ですが実は男性患者数の方が多く、しかも増加ペースは早まっています。

爆買い中国人が日本人の若い女性に梅毒を広めているとしたら、日本人男性には誰が広めているのでしょうか。中国人男性→日本人女性→日本人男性という経路でしょうか。外国で梅毒にかかった男性が、日本の女性に広めている可能性だってあるわけで、『日本人の女の子の多くが「裕福な」外国人向けに水商売をしている』、そのため日本人女性の梅毒患者が急増しているとの結論は可能性のひとつでしかなく、中国人や日本人女性を貶める断定的な物言いに対しては違和感があります。

日本人女性は貧困化しているのか?

さらに月間三橋は、以下のように指摘します。

なぜ日本人の梅毒患者が5倍にまで増えてしまったのでしょうか?それは若者が貧乏になったからです。最近「貧困女子」という言葉を耳にしませんか?現在、日本で働く女性のうち、約3分の1が、「貧困女子」だと言われいます。彼女らは、月に10万円ほどの手取りしかなくお金を稼ぐために水商売をして、梅毒に感染したと考えられます。

シングルマザーや親の介護などでフルタイムで働けず、やむなく低賃金の非正規労働に従事している「貧困女子」は確かにいるでしょう。それは女子に限ったことでなく、「貧困男子」、「貧困夫婦」、「貧困老人」だっているはずです。「月に10万円ほどの手取りしかなくお金を稼ぐために水商売をして、梅毒に感染したと考えられます。」といいますが、三橋氏にしては珍しくデータに基づいた結論でないことが気になります。月に10万円ほどの手取りしかなくても、水商売を選ぶ人たちがそんなに多いとは個人的には思えないのですが、もしかして有料コンテンツではそのデータが示されているのかもしれません。

統計では日本の若者が貧困化しているとの意見もあるでしょうが、統計所得のローテーション・サンプリングで生じたギャップのように、どこをサンプリングの対象とするかによって結果は大きく違ってくるので、何をもって貧困化と定義するのか示す必要があります。大雑把ですが、近年は国民所得(国民全体が得る所得)が増え失業率が低下している以上、日本人が貧困化しているとは言えないのではないでしょうか。「所得がピークだった1997年と比較し貧困化している」といえばそうなのですが。

個々の事情もあり一概に言えませんが、仕事の内容や賃金を選ばなければ派遣やアルバイト、パートタイムで複数の仕事を見つけることはそんなに難しくないと思います。飲食業などのサービス業は、日本人の応募がないため外国人を雇っている現状の中、あえてリスクの高い風俗を選ぶ女性にも問題がないとは言えないはずです。それはむしろ経済状況というより、本人の教育や家族の問題の要因の方が大きいと思います。

まとめ

月間三橋の号外を読み進めると、月間三橋の購読契約ページへと誘導されます。有料コンテンツには、「安藤提言で日本が復活する ~骨太の方針を逆手にとってデフレ脱却する裏技」などがあるようです。言論活動にビジネスは伴うことは理解しますが、同様のコンテンツを有料で配信することに対して違和感があります。有料でも入手しようとするのは、既に三橋氏の主張に同意する人たちだと思います。本当に有益なコンテンツを届けるべきは、それとは逆の考えを持つ人たちなはずですが、有料にしてしまえばその可能性が減ってしまうでしょう。

三橋氏から経済を学んだ一人として僭越ながら言わせていただきますが、最近の三橋氏の主張には粗さが感じられます。三橋氏は「日本は破綻する」などのドミナントストーリーを嫌っているのに、ご自分は「日本は貧困化している」というドミナントストーリーに囚われ過ぎているのではないでしょうか。