国の支出は国民の資産に。オリンピック関連費を巡るミスリード記事

東京五輪の関連費の国の支出が膨らんでいる、と報じられています。

東京五輪・パラ経費3兆円超か 検査院指摘、国支出8011億円に膨らむ

2020年東京五輪・パラリンピックをめぐり、会計検査院は4日、平成29年度までの5年間に国が支出した関連経費が約8011億円に上ったと明らかにした。これまで国の負担分は会場整備費を中心に1500億円としていたが、大きく上回った。検査院は30年度以降も多額の支出が見込まれるとしており、大会組織委員会と東京都が見込む事業費計2兆100億円を合わせると、経費の総額は3兆円を超える可能性が出てきた。

国の負担が5倍に膨れ上がっているというミスリード

冒頭の記事を素直に読むと、「政府は当初、国の負担分を1500億円としていたが実際には8011億以上に膨れ上がっている」と解釈するでしょう。つい先ほども、同ニュースを扱った『めざましテレビ』の三宅アナが、「5倍ですよ。国民の税金ですよ」と憤慨していました。

完全にミスリードです。報道の8011億円とは5年間のオリンピック関連費支出すべてを会計検査院が計算したもので、政府が当初国の負担分といていた会場整備費を中心とする1500億円とはまったく別次元の話なのです。同記事の最後にもあるように、「暑さ対策・環境問題への配慮」に約2322億円、「アスリート、観客らの円滑な輸送および外国人受け入れのための対策」に約1629億円など、あらゆるものを関連費として計上すれば膨れ上がるのも当然です。

この報道に関しては、会計検査院だけでなく政府側の主張も報じているNHKの記事を読むべきです。

五輪の国負担 8000億円超に

東京オリンピック・パラリンピックの大会経費について、国の負担額は1500億円と試算されていますが、国が大会の関連施策に支出した費用はすでに8000億円余りにのぼることが会計検査院の調べでわかりました。今後も多額の支出が見込まれるとして、国民の理解を得るために経費の全体像を示すよう求めています。

冒頭は「8000億円余りにのぼりけしからん」との論調ですが、読み進めてみると「政府は、毎年度、オリンピック・パラリンピックの関係予算を集計して公表している。一方、会計検査院の指摘には、電気自動車の購入支援や気象衛星の打ち上げ費用など、大会には直接関係ないと思われる施策が広く含まれている」と内閣官房東京オリンピック・パラリンピック推進本部事務局の主張も書いています。長い記事なので、最後のこの一文を読む人は少ないかもしれませんが。

国の支出は国民の資産に

ツイッターやヤフコメをみると、この報道に対する反応は「無駄遣いをするな」「そんなお金があれば復興に使え」「国民をだますな」といったものが目立ちます。まず、「無駄遣いをするな」との意見ですが、何が無駄なのでしょうか?オリンピック開催中は世界各国から多くの人が訪日するため、快適・安全に過ごしてもらうために万全な体制で受け入れる必要があります。節約をして何かがあったとしても責任を負うのは政府であり、結局国民からは「万全の対策をしなかったのか」と叱られるでしょう。

また、今回の関連費に含まれているか知りませんが、電気自動車や自動運転車、5G(第5世代移動通信)などの次世代技術の開発費など、オリンピック後も成長エンジンとして育つ可能性のある技術確立は、オリンピックを契機に積極的に進めるべきではないでしょうか。

「そんなお金があれば復興に使え」との意見がありますが、日本には投資先のない莫大なお金が有り余っています。その有効利用が「無駄遣い」と批判されるので国の支出先についても注文がつきますが、オリンピックにしろ復興にしろあらゆる分野に支出すればいいのです。インフレ下では民間の資金調達を困難にする可能性もありますが、いまは民間からの資金需要が低迷しており2%のインフレ目標も達成できない状況なので、政府が有効需要を増やせる余地が大きく、そうすることで経済成長に寄与します。

「国民をだますな」との意見は多少理解できます。でも現実は、国民がメディアにだまされているのです。今回の報道でもそうですが、メディアによる「日本は財政危機にある」とのイメージ操作により、政府は支出拡大がしづらい状況にあります。そのため、各省庁は支出を増やすために姑息な手段を使った可能性も排除できません。でも、結局それは国民にとってプラスになるのです。それを理解できない国民が「無駄遣いをするな」と叫び、現在だけでなく未来の日本人を貧しくすることに加担しているのです。

まとめ

「節約が善」との価値観に正直うんざりしています。「オリンピックに無駄遣いをするな」と叫ぶ人たちでも、京都大学の本庶佑特別教授のノーベル医学生理学賞受賞を喜んだはずです。本庶教授の「潤沢な研究資金が必要」との訴えに対しても、「結果が出るかわからない基礎研究への出資なんて無駄遣い」と言えるのでしょうか?無駄遣いだと思われるような出資からしか、人類を救うような成果が出ないことを肝に銘じるべきです。無駄遣いだったとしてもいいじゃないですか。いま必要なのは、無駄遣いをしてでも祭典を楽しめる心の余裕ではないでしょうか。