モンスタークレーマー国家韓国。他国の文化を尊重できない国の未来は暗い

韓国主催の国際観艦式において、韓国側が自衛艦旗「旭日旗」の掲揚自粛を要求したため、防衛省は海上自衛隊の派遣を見送りました。相変わらずのモンスタークレイマーぶりを発揮しており、さすがに日本の左翼も韓国側を擁護できないレベルに達した感があります。まさに自縄自縛の韓国の将来は暗いと言わざるを得えません。

「旭日旗は戦犯旗」と感情論 自縄自縛の韓国

韓国内では、旭日旗に侵略や軍国主義の象徴として「戦犯旗」のレッテルを貼り、与野党やメディアが総出で糾弾を続けた。国際慣例を重んじるべきだとの常識論はかき消され、北朝鮮問題で連携すべき日本との外交関係をこじらせるという自縄自縛に陥っている。

国際法でも韓国の主張は全く正当化できない

今回の韓国の要請は、日本だけに向けられたものではありません。海上パレード中は艦艇上に自国国旗と韓国国旗だけを掲げるよう通知しており、つまり他の参加国にも「軍旗を掲げるな」と要請することで日本側に配慮を見せているとの見方もあります。しかしこれは旭日旗を揚げさせたくないために、他国にまで国際慣例に反することを求めていることを意味し、世界に韓国の非常識ぶりをアピールするという自縄自縛に陥る行為です。

日本の航空自衛隊幹部学校に留学経験もある鄭景斗(チョン・ギョンドゥ)国防相が国会で、「国際慣例に従うほかない」と答弁しているように、政府側は不掲揚を強要できないことは十分理解しているといいます。しかし、感情的な世論に押され、日本に掲揚自粛を求め続けてきました。このような常軌を逸した行動を韓国がとるのは、日本に対して強硬に出ることで譲歩を引き出してきた過去の成功体験があるからだと思います。ある意味、韓国をモンスタークレイマーに育てたのは日本の左翼やいわゆる人権派の人たちなのかもしれません。

しかし今回の要請に対し日本側の外務省幹部は、「韓国の要求に従えば、日本は法に違反する国家となる。検討にも値しない」と一刀両断します。自衛艦旗の掲揚は自衛隊法で義務づけられ、国連海洋法条約も国籍と軍隊に属することを示す「外部標識」を掲げることを規定しています。ちなみに主要参加国アメリカは国旗である星条旗をそのまま軍艦旗として掲揚していますが、他のほとんどの海軍は、民間船と区別するために国旗と異なる軍艦旗を用います。軍艦旗は通常船尾に掲げられ、船首にはまた別の「国籍旗」を掲げる国もありますが、日本は自衛艦旗=軍艦旗のみ掲げます。

政府内には、韓国政府の要請を無視し自衛艦旗を掲げ観艦式に参加する強硬論もあったが見送ったといいます。外務省幹部が「主催国である韓国の顔をつぶさないための、せめてもの措置だ」と語るように、日本側の大人の対応だけが際立ち、韓国側にとって何のメリットもない一件でした。

反日を止められない悲しい国、韓国

政治や経済がうまくいかなくなると、反日で怒りの対象を日本に向けるのが韓国のやり方です。「戦犯国だった日本が旭日旗を誇るのは、永遠に二等国にとどまるしかない理由ではないか」と与党「共に民主党」の院内報道官は主張しました。「日本が戦犯国だったら当時併合されていた韓国も同罪では?」と突っ込みたくなりますが、他国の軍艦旗を諫め、「二等国」と与党の報道官が罵るのですから救いがありません。国交を断行されてもおかしくない発言です。

また、日頃対立する最大野党「自由韓国党」議員も「日本が掲揚の立場を守るなら観艦式に参加しない」と同調し、与野党議員ともに旭日旗利用を禁じる法改正案を国会発議する動きに出ました。もう、与野党が一致できるのは反日カードしかないのでしょう。韓国軍が哀れで仕方ありません。こんな人たちの政治生命を守るために、現場は混乱し他国の軍隊から嘲笑の対象になってしまうのですから。

そもそも韓国で旭日旗が大きな問題になったきっかけの一つが、2011年のサッカーアジア杯日韓戦です。試合中に猿まねをして批判された韓国選手が、その理由として観客席に旭日旗があったことを挙げたため、韓国メディアは同選手を擁護する姿勢を取り、旭日旗が広く知られるようになりました。また、日本の嫌韓デモなどで旭日旗が掲げられている様子が韓国で報じられ、韓国人の間で徐々に旭日旗が日本軍国主義の象徴と認識されるようになったという経緯があります。日本人としては、「知らんがな」といいたくなるようなくだらない理由にしか思えませんが。

まとめ

いつまでも日韓併合時代の日本を一方的に悪と決めつけ、日本に対していちゃもんをつけ続けてきた韓国の姿勢が変わることは当分ないことは確かなようです。これまでは日本が折れてきたので、韓国の反日姿勢を加速してきた一面があります。しかし、そのような韓国に対して不満を持つ日本人が増えてきました。今後は今回の一件のように、国際的常識に従って検討に値しないクレームに対しては毅然とした対応をとってもらいたいものです。韓国の被害者意識なんて韓国政府が対処すべき問題なのです。