英語で他ジャンルのブログを立ち上げよう。手順1:ドメインの取得

この日本語で書いているブログにも、たまに海外からのアクセスがあります。もしかしたら、英語で情報発信したらもっとアクセスを増やせるのかもしれません。とはいえ、内容が経済やテクノロジーがメインなため調べ物も多く、日本語でも苦労しているこの内容をそのまま英語にするのは容易ではありません。そこで、もっと日常的なテーマの英語ブログを立ち上げようと思い立ちました。

このブログを立ち上げたのは2018年の3月です。立ち上げるまでどのような工程を経たのかうろ覚えですが、思い出しながらまた一からやってみようと思います。ブログの立ち上げ手順も、このブログに記していきたいと思います。

photo:PAKUTASO

レンタルサーバーと契約する

ぼくの場合、幸いこのブログを立ち上げるにあたり、「ロリポップ!」とレンタルサーバー契約を結んでいるので新たな契約は不要です。サーバーとはブログを開設・管理するコンピューターで、ユーザーが自分で構築することもできますが、世界中からインターネットを介してアクセスしてきますので、セキュリティやメンテナンス、スピードなど高度な管理が必要なため、通常 「ロリポップ!」などの業者から借りることになります。

無料で借りられるものもありますが、それだけに制約も多く自由度が低くなります。独自ドメインを取得してWordPressを利用したかったぼくの場合、「ロリポップ!」のスタンダードプラン(500円~)を契約しています。

ドメインを取得する

ドメインは住所に例えられるように、サーバーのどの場所にブログやサイトがあるのかを特定するために必要になります。「ロリポップ!」 と契約すると、1契約につきロリポップ!のドメイン1つが利用できますが、より本格的にサイトやブログを運営するため、またレンタルサーバーを変えても引き続き利用できる独自ドメインを取得することをおすすめします。

このブログでは ”innovatenation.net” というドメインを取得しており、このドメインの下にサブドメインを作りブログを作成することもできますが、まったく別ジャンルの英語ブログを作成するため、新たなドメインを取得することにします。 ドメイン取得サービスは、「ロリポップ!」にすすめられるまま国内最大級の「ムームードメイン」を利用します。

ドット以下に何が付くかで料金が大きく変わります。「○○.com」や「○○.co.jp」、 「○○.jp」が軒並み高く1000円/年を超えますが、 「○○.xyz」などマイナーなものになると100円/年以下で取得できます。今回は比較的安い、「○○.website」を取得しようと思います。任意の○○で検索するだけで、価格と取得の可否がリストで表示されます。後は選択して購入手続きをするだけで、簡単に取得できます。

まとめ

最初に無料ブログサービスを利用して、ブログを書いたのは約5年前。最初にレンタルサーバーの契約、独自ドメインの取得をしたのは3年前になります。そのとき立ち上げたブログはある事情で閉鎖しました。そして今年の3月に再びブログを立ち上げ、来年1月から2つ目のブログを立ち上げようとしています。回を重ねるごとに内容・手際とも良くなっているはずです。これが生産性の向上です。それに見合う効果が出ることを期待して、ブログの可能性を探っていきたいと思います。