国の借金, 経済

経済成長が当たり前だった時代を過ごしたぼくらは、今のような将来を予測していたのでしょうか?「未来は今より明るくなる」と信じていたと思います。

テクノロジーは進化し、今では、一定条件下では自動運転が可能という昔からは夢のよう ...

国の借金, 経済

ツイッターで藤巻健史氏がいろいろ言っていますが、7年前に以下の主張していた人が経済を語る資格があるのか疑問に思います。

この中で同氏は、以下のように述べています。

国債未達ともなれば、それは財政破綻と同義だから ...

国の借金, 経済

地動説を実証したため裁判で自説を否定され、「それでも地球は回っている」とつぶやいたとされるガリレオ。MMT(現代貨幣理論)は現代の地動説となり得るのでしょうか?

地球を中心に天が動いているという「天動説」が信じられている時 ...

社会

「財政危機だ」といいながら、法人税を下げ続けてきた財務省。

出典:財務省HP

お陰で企業の業績は過去最高を更新中。

出典:NIPPONの数字

さぞかし労働者も恩恵を受けているだろうと思うがそんなことはなく、儲けは内 ...

国の借金, 経済

「眠ったお金」に増税するならともかく、消費が低迷する中、「使われるお金」に増税をするなんて最悪だと主張してきました。そんな今年10月に予定されている消費増税の延期、さらには5%への減税もあり得るという話が出てきたのは朗報です。 ...

社会

アメリカでグリーンニューディールが注目されており、個人的に地球温暖化問題に興味が出てきました。かつては武田邦彦氏の著書に触れたことから、環境問題には懐疑的な見方をしていました。武田氏の主張によれば、「温暖化を恐れる必要はない」というこ ...

社会

ぼくが海外へ行くときは、トイレを意味する単語としてよく「Restroom」を使います。「Bathroom」でも伝わりますが、日本では浴室の意味が強いため使うには抵抗があります。海外はトイレがバスルームにあるのが普通なので、特に気にする ...

国の借金, 経済

オリヴィエ・ブランシャール氏 についてWikipediaでは「現在はIMFとのチーフエコノミストとして活躍している」とありますが、 2015年10月に退任しているようです。ブランシャール氏については、池田信夫氏が「超低金利では政府債務 ...

国の借金, 経済

「長期停滞の時代には財政赤字が必要だ」「増税延期は将来世代の負担にならない」。このブログで一貫して主張してきたことです。必然的に、逆の立場の池田信夫氏と同氏のメディア「アゴラ」を否定してきましたが、まさか池田氏の口からこのようは主張が ...

テクノロジー

次世代のエコトレイン候補として、Business Insiderで「VECTORR」が紹介されていました。

空気圧を利用して走行できるのが最大の特徴のトレインです。線路に敷かれるレールは特殊素材で作られたチューブ状になって ...