皮がむけるのは皮膚ガンを防ぐため。夏は日焼けのし過ぎに注意

間もなく梅雨が明けると、本格的な夏が到来します。最近では海水浴に行くことも少なくなり、子どものころのように毎年日焼けで背中の皮がボロボロになることもありません。日焼けしたら皮がむけるものと当然のように受け入れてきましたが、そのメカニズムを簡単に説明した動画があったので紹介したいと思います。


日焼けすると皮がむけるのはどうして?

日光を浴びると肌が赤くなり、痛くなるのはなぜでしょう?日焼けすると血管が拡張し、血流が増え肌が赤くなります。皮がむけるのは、皮膚ガンから肌を守るためです。

紫外線は、露出した肌を焼きます。体が生成するメラニンは、皮膚の深い層を守ります。メラニンが多くなると、肌が浅黒くなります。メラニンが少ないと日焼けしやすくなります。日焼けすると血管が拡張し、肌が赤くなり熱い痛みを伴います。

分子レベルでは、日焼けにより肌細胞のDNAが破壊されます。体は数日かけ肌を修復しますが、日焼けがひどい場合修復過程で皮がむけたり、水膨れやかゆみが出たりします。皮がむけるのは、死んだ肌の細胞が離れていくためで、必要なことでもあります。破壊された肌細胞が残ってしまうと、皮膚ガンになる可能性があります。

まとめ

ぼくが子どものころは、きれいに日焼けするためのサンオイルを塗っていた記憶があります。今では日焼け自体を防ぐ、サンプロテクションが主流ではないでしょうか。塗るタイプの日焼け止めが苦手な人には、飲むタイプのものもあります。でも子どもは、皮がむけない程度に焼けた方が健康的でいいですよね。