政治

まさか自分が、山本太郎氏に一票を投じるかもしれないなんて想像していませんでした。『ダンス甲子園』で「メロリンQー」と叫んでいた山本太郎氏を、当時から好意的な目で見ていたことはありませんでした。

タレントから政治家に転向後も ...

政治

日本政府は韓国に対し、半導体原料のフッ化水素など3品目の輸出の優遇措置を停止しました。理由は、「2国間の信頼関係が失われたこと」です。

さらに、優遇措置停止第二弾も用意しています。日本はこれまで、安全保障上の同盟国など27 ...

経済, 間違った報道・政策

ギリシャの総選挙で、反緊縮の最大野党「新民主主義党」が過半数の議席を獲得することが確実になりました。

現職のチプラス政権が誕生した2015年、チプラス首相は当初緊縮財政に反対していました。しかしその後、EUからの金融支援を ...

経済, 間違った報道・政策

英国のクオリティ紙The Guardinanの、7/5付け記事です。

米雇用統計は予測を上回る就業者数の大幅増加、ドイツでは工場受注が大幅下落

6月の米雇用統計では、就業者数の増加が市場予想を大きく上回り、「非 ...

政治

無所属議員ながら、米国大統領選の民主党有力候補になっているバーニー・サンダース氏。ベトナムや湾岸戦争に一貫して反対し続け、「メディケア・フォー・オール(国民皆健康保険制度)」を主張するなど左派色の強い議員です。最近では学生ローン債務免 ...

経済, 間違った報道・政策

自由な競争原理に基づいた資本主義では、格差の拡大は避けられません。世界で見れば、「2017年、高所得者の上位10%は1人当たり月額平均7475ドル(約80万6千円)を稼いでいたが、底辺の10%は同22ドルに過ぎなかった。」といいます。 ...

テクノロジー, 便利ガジェット

安全保障の懸念から、中国のファーウェイ製品に対して世界各国で締め出しの動きが強くなっています。しかし、ファーウェイのスマホはサムスンに次いで世界シェア第二位まで広まっています。3位のアップルに続くXiaomi、vivo、OPPOも中国 ...

生活について, 自分について

子どもが小さいときは、なかなか自分の時間を確保できません。集中した時間を過ごすためには、どうしても子どもが寝静まった夜中や早朝に活動するしかありません。

近頃は毎朝4時ごろに起きて、翻訳ライティングの副業や好きな映画やアニ ...

経済, 間違った報道・政策

最近でもたまに目にするのが、「1990年代の財政出動は効果がなかった」ことを理由に、現在の財政出動に対して否定的なコメントをする人です。何をもって「効果がなかった」と言っているのか不明です。

1990年前半に突然訪れたバブ ...

生活について, 自分について

汗をかきやすい季節になりました。普通より汗をかきやすい体質なので、この時期の悩みのひとつです。昨日の朝礼は、額から流れる汗と眠気で辛いものになりました。人によってなぜ汗のかき方に違いがあるのかを紹介した動画がこちらです。

...