一線を超えたあいちトリエンナーレ「表現の不自由展・その後」はアウト

あいちトリエンナーレ2019の展覧会内企画展「表現の不自由展・その後」が、開幕後わずか3日で展示中止になりました。メディアでは、企画展に出展された「平和の少女像」に対する脅迫を含む抗議が殺到し、河村たかし名古屋市長が大村秀章愛知県知事に展示の即刻中止を申し入れたと報じています。

その決定に対し、日本国憲法の第3章にある条文で集会の自由・結社の自由・表現の自由、検閲の禁止、通信の秘密について規定する、憲法21条違反との声がメディアやSNSから多く聞こえてきます。

「表現の不自由展・その後」が、公権力の介入と脅迫により中止に追い込まれたとし、「まさに表現の不自由という現代日本社会が表されるという、現代アートとしては大成功を収めた。」と評する者までいます。

確かにテレビや新聞が報道する内容では、そう取られても仕方がない面があります。文化庁の補助事業として開催された展覧会において、元従軍慰安婦を題材としている「平和の少女像」を出典することに問題はあると思いますが、「それだけで中止に追い込むのはどうなの」と思う人も多いのではないでしょうか。個人的には、これだけで「アウト」と叫びたいのですが。。。

しかし「表現の不自由展・その後」で、昭和天皇の写真に火が放たれ燃やされた挙げ句、その灰を足で踏みつけるという映像が公開されたことを知れば、この決定が仕方がないことだと多くの人たちが納得できるはずです。しかし不思議なことに、オールドメディアはこの件をことごとくスルーしています。言及したのは産経新聞などごく一部で、慰安婦像のみを論点にしていることで、事態がややこしくなっている印象を受けます。

昭和天皇に限らず、アートの名の下、人の映った写真を燃やす行為が許されるはずがありません。法律で裁くことはできませんが、人道に反することは誰にでも明らかではないでしょうか。まあ、そう思わない人がいるから今回の件が起きてしまったのですが。

まとめ

表現の自由を盾に取り、自分たちの正義を振りかざして人々を不快にさせるのは暴力に他なりません。そして、今回の件で問題なのは表現の自由とかいう話ではなく、何か得体の知れないものに配慮し、真実を報じないメディアの姿勢にあるように感じます。