何故か韓国を擁護する日本人たち。元在日の方の冷静なコメントが秀逸

ツイッターでは、何故か韓国の主張を全面的に支持する日本人の方が多く見られます。そんな人たちにとって、ぼくはネトウヨにカテゴライズされるのでしょう。直接ぼくに対し意見をしてくる訳ではありませんが、韓国のおかしい点を指摘すると、そのような人たちから、(数少ない)フォローを外されることがあります。

日本も韓国もすべてが正しいわけではなく、例えば、日本政府の今回の決定は正しいけどこの前はおかしかったよねとか、その場その場で感じ方が変わるのが普通の感覚だと思います。しかし一部の人たちのツイートをみると、日本は常に悪く、韓国は常に正しいと信じているのでは、と感じることがあります。

韓国をホワイト国から外したことから、韓国が報復として日本をホワイト国から外したり、GSOMIAを破棄したりしても、「先に仕掛けた日本が悪い」と感じる日本人がいます。それぞれの意見なので仕方のないことですが、でも韓国をホワイト国から外したのは輸入物資の不正転用の疑いがあるためです。それに対する韓国の決定は、報復以外の正当な理由はあるのでしょうか?しかも、日本の国会議員が、この件に関し韓国側に立つのはいったいどういうことでしょう?

この方が主張する通り、「在日コリアンの友人たちの気持ち」を本当に理解しているのでしょうか?尾辻議員のツイートに対し、元在日の方がコメントしています。一般の方なので、アカウントはコメントのみ出します。

「妥協点を見出す為にはお互いの歩み寄りが必要です。10対0は話し合いにはなりません。私を含め、私の父母、周りの在日コリアンは韓国に対していい加減にして欲しいと口々に言ってますよ。」

さらに、別ツイートで以下の発言をされています。

「私の身近な在日コリアン、元在日コリアンの人達で今の韓国のやり方を支持してる人達なんて本当にいないな。みな口々に今のあの国は狂ってると言う。それなのに、日本の国会議員が韓国をたて、日本に対して批判するのを聞くとどこの国の議員さんなんだろうと悲しくなる。」

この方の意見が、一般的な在日コリアンの声ではないでしょうか?変に韓国の肩を持つ日本人の偽善を見抜いているのではないでしょうか?

おかしいことはおかしいと言える、そんな当たり前の関係性を築かないで関係の正常化なんてできません。

「加害者の日本が居直って、むしろ大口をたたくような状況を決して座視しない」、「加害者と被害者の立場は1000年経っても変わらない」なんて言葉を公式に吐く大統領を、日本の国会議員が認めるなんて言語道断です。

一時の関係悪化を恐れ、礼節を欠いた言動を許してきたのが日本で、それが関係をより一層不正常なものにしてきました。今、それを正そうとしています。ぼくたちは、勇気をもって本音で話してくれる韓国人や、在日の方の声に耳を傾ける必要がありそうです。