台風被害復旧遅れは誰のせい?マスコミと政権批判では説得力なし

ツイッターランドでは、千葉県の台風15号被害がまったく報道されていないと話題になっています。以下はまとめサイトです。

台風15号で甚大な被害を受けたのに、まったく報道されない千葉県館山・南房総の様子 #台風15号

地元の人の撮影でしょうか、目を疑うような被害の状況を伝えています。ここ数日テレビ報道や新聞に触れていないのでよく分かりませんが、本当にこれらの状況はまったく報じられていないのでしょうか?確かにラジオでは停電が続いている事は伝えていますが、写真のような被害の大きさまでは感じ取ることができません。被害を受けた方は、そんな状況に不満を抱いているのでしょう。

しかし、道路を倒れた電柱が塞いでいるような地域を、マスコミが入って報道する意義についても考えてしまいます。マスコミが被災地に入ることで渋滞の原因になったり、復旧作業の邪魔になったりする可能性もあります。過去には被災者にマイクを向けることで、「デリカシーがない」なとバッシングを受けたこともあったと思います。

当事者じゃないのでなんとも言えませんが、マスコミが報じることより被災者の日常生活が戻ることが最優先課題だと思います。それはマスコミと言うより、千葉県が率先して進めるべき事で、マスコミ対応や被災者への情報提供もそうです。このような事態は、防災訓練でシミュレーションされているはずで、それができていないのであれば批判の矛先は千葉県知事に向けるべきではないでしょうか。

また、安倍政権の組閣とタイミングが重なったことから、「そんなことしている場合じゃないだろ」との声も上がっています。しかし、組閣のため被災地への対応が遅れるなんてことはさすがにないのではないでしょうか。災害の度に首相や各省庁のトップが右往左往するようでは、まともな国の運営なんてできません。しかるべき担当者が、システム的に対応していけばいい話です。それが出来ていないのであれば批判されてしかるべきですが、調べもせずに「マスコミがー」「安部首相がー」では逆に被災地の混乱を助長するだけではないでしょうか。

例えばこの人。

ほとんど、ツイッターランドで交わされているマスコミ、政府批判と同じレベルの話をしています。内閣府が指をくわえて眺めている訳ではありません。せめて首相官邸がどのような対応をし、発信しているのかを確認し、どのあたりに不備があるのかを指摘するぐらいの誠実さを見せてもいいのではないえしょうか。

まとめ

こんな事を書くと「安倍政権を支持するのか?」と思われそうですが、違います。前回の選挙では他党に投票しています。かといって、安倍政権でもすべてが悪い訳ではありません。今回の対応が適切だと判断できませんが、とりあえずマスコミと安倍政権は批判する、という論調には賛同できないのでこのようなことを書いています。理にかなった批判であればいいのですが、「報じないマスコミはくず」「組閣を進める安倍政権はくず」では説得力ありません。フォロワーが数万人もいて、世論形成に影響力ありそうな人がこのような論調だと、残念に思うのです。