中毒性のあるスパイシーフード。辛い食べ物が起こす体の変化

ラーメンにはニンニクと大量の高菜、牛丼やピザにはたっぷりの唐辛子やタバスコ。思い出すだけで食べたくなる辛い食べ物の数々。体に良くないと思いながら止められないのは何故でしょう?また、スパイシーフードが体に起こす変調とはどんなものか見ていきましょう。

スパイシーフードを食べた時に起こる、脳と体の変化

唐辛子を食べると口から火が出るように感じますが、唐辛子が実際に熱を持つ訳ではありません。唐辛子に含まれる化合物のカプサイシンが、熱や辛みを人に感じさせます。カプサイシンは、神経にあるカプサイシン受容体(TRPV1)を活性化します。TRPV1は通常熱に反応し、脳に警告信号を送りますが、カプサイシンも同じシグナルを送る要因になります。そのため、唐辛子を食べると口の中に熱を感じるのです。

体は、熱を冷まそうと試みます。その反応として、発汗や顔が赤くなったり、涙や鼻水が出たりします。これらは、体が脅威を取り除こうとしている生体反応です。熱を抑えるため水を飲んでしまうと、口の中で反応していたカプサイシンが体の中にまで広がり、ひどい場合には喉に水ぶくれが出来たり、嘔吐、アナフィラキシーショックを起こしたりします。

そんな危険なスパイシーフードを、なぜ人々は楽しんで食すのでしょう?痛みを感じると脳はエンドルフィンやドーパミンを放出します。二つの物質が組み合わさることで、ランニングハイのような幸福感を得られるのです。

結局は、スパイシーフードを食べたときの体の反応は、どれだけ耐性があるかで変わってきます。スパイシーフードを日常的に食べることで耐性は高まり、体の変調は起こりにくくなります。

まとめ

なるほど、辛いものに耐性のない子どもが辛さに異常に反応するのものうなずけます。歳を重ねるのにつれ、辛さに鈍感になってくるのでしょう。それでも、東南アジアで食べた料理の辛さには参りました。辛さ=幸福感だったんですね。以前マレーシア人と居酒屋に行った時、すべての食事に大量のわさびをつけて、幸せそうに食べていたのを思い出します。