好待遇に釣られて応募した運送会社はWワーク(副業)厳禁だった

本日は転職活動のため有給で休んでいます。先ほど面接を終え、がっかりしています。話を聞くまで、会社が求めている人材って分からないものですね。

家から近く、待遇も良く、午前5時開始、午後2時終業の条件は理想的でした。今の5時までの仕事では、仕事終わりに保育所と小学校まで子どもを迎えに行き、洗濯物の取り込みや夕食の準備に十分な時間がとれないからです。朝5時の始業時間も、朝方のぼくには問題ありません。2時に仕事を終え、自分の時間を有意義に使っているイメージを勝手に思い浮かべていました。

しかし、実際に面接に挑み会社の書類を見ると、「Wワーク不可」の文字が。社員だけでなく、ぼくが希望するパート勤務にもそれが適用されるとのこと。在宅で翻訳ライティングをしている限り、この会社で働くことなど無理な話だったのです。最初に教えてくれよ、っ思いました。とんだ無駄足です。

政府さえ副業を推奨する時代、東京に本社を置く運送会社のパートタイマーでさえ副業を許していないのは意外でした。責任者らしき人が言うには、「ドライバーには法定労働時間ぎりぎりまで働いてもらうから」とのこと。他の仕事をする余力なんてないよ、ということらしいのです。残業ありきの仕事。そりゃ給料は良いでしょうが、余りに労働者を馬鹿にしてませんか、と感じました。

それと、偏見に満ちた余談ですが、事務所入った瞬間感じた嫌な空気は何でしょう?恐らく、社員たちが気持ちよく働けていない空気だったのかもしれません。その後、面接で話した責任者らしき人を見て確信しました。一見人柄は良さそうですが、部下の気持ちなんて屁とも思っていなような冷たさがある。これまで多くの転職を繰り返してきたぼくには、そう感じられました。そういう人が出世する。普通の労働者にとって不遇な時代です。