映画『ナイトクローラー』。他人の不幸を仕事にするクズ過ぎる主人公

2014年の映画『ナイトクローラー』を観ました。報道スクープ専門の映像パパラッチ、通称ナイトクローラーをドキュメンタリータッチに描いた作品です。監督・脚本はダン・ギルロイ、主演はジェイク・ジレンホール、他にレネ・ルッソが出演しています。ちなみにレネ・ルッソは、ダン・ギルロイ監督の嫁さんです。

こんなサイコでクズが主人公の作品を久しぶりに観ました。しかしそんな主人公のサイコぶりに引かれてしまう、人間のアンビバレントな部分をこれでもかと引き出します。映画のキャッチコピー、「他人の<破滅>の瞬間に、カメラを持って現れる」は秀逸です。普通の人であれば、こんな奴とは死んでも出会いたくないと思うはずです。それでも、彼の大胆で自信たっぷりの行動から目が離せなくなります。

ちんけなコソ泥をしながら生活していた主人公のルイス・ブルームは、たまたま遭遇した交通事故現場で事故の様子を撮影するナイトクローラーと出会います。ナイトクローラーは、自ら撮影した映像をテレビ局に売りさばき報酬を得る報道スクープ専門の映像パパラッチです。人の痛みを何とも思わない彼にとって、まさに天職とも呼べる仕事です。早速盗んだ自転車と引き換えに、無線や撮影機材を手に入れます。

元から倫理観の欠如した人格のルイスは、手段を選ばない強引な手法で徐々に頭角を現します。ニュース番組ディレクターのニーナに、特ダネ映像を餌に関係を強要するクズっぷりを発揮します。ニーナも、「視聴者が求めているのは、刺激的な画。さらに望ましいのは被害者が郊外に住む白人の富裕層で、犯人はマイノリティや貧困層」とルイスにアドバイスするなど、報道番組を巡る下種さを描いているのも見どころです。

徐々に過激な映像を撮るために行動をエスカレートしていくルイス。そんな彼にビッグチャンスが舞い込みます。詳しく書きませんが、チャンスを最大限高めるために彼のとった行動は観る者の想像力を超えるものです。自己実現のために手段を選ばないスイスに嫌悪感を抱きながらなぜか魅力的に見えてしまう、その理由を自分なりに考えてみるのもいいかもしれません。

日本では事件の被害者を強引に取材するマスコミに非難が集まりますが、この映画を見る限りアメリカのマスゴミぶりには到底及びません。被害者の人権なんて、全く考慮する様子もありません。それもこれも、視聴率至上主義のテレビ業界の成れの果てです。視聴率を稼げるものが正義になる世界。人々はそんな世界に嫌悪感を抱きながら、自分の欲求を満たしてくれる過激な映像を求めている。そんな人間の偽善性を見事に表現した作品に仕上がっています。