あばら折れてるかも?くしゃみする時の地獄の痛み

先週の日曜日の運動会で、派手に転倒した事をブログに書きました。その時言及したわき腹の痛みの原因は、骨折かもしれません。

転倒した後はほとんど痛みはなかったのですが、運動会後に昼寝をした時に痛みが徐々に出始めました。左わき腹全体に鈍い痛みがあり、打撲が筋肉痛によるものだと思っていました。転倒でわき腹を直接殴打した記憶はなく、左肩から前転するように転がりました。その時、頭を打ったのは覚えています。

翌日から3日後にかけても鈍い痛みは続いたのですが、その後徐々にわき腹の局所的な鋭い痛みに変わってきました。そして昨夜、就寝時に仰向けの姿勢をとるとその痛みはマックスに達します。立ったり座ったりしている時はそれ程の痛みではないのですが、横になると鋭い痛みが襲います。

また、当初はなかった深く息を吸い込む時に生じる痛み。あくびやしゃっくり、笑う時も痛みがあり、くしゃみの時は痛すぎてくしゃみが止まるほどです。これらの状況を勘案すると、どうやらあばらが折れています。

病院でレントゲンを撮らないと断定できませんが、何せ病院嫌いのぼくです。調べると、病院の処置ではコルセットのようなサポーター、痛み止め、湿布などが処方されるようで、直接的な治療は無理なようです。折れた骨が内臓を傷つけるような場合は手術が必要ですが、そのようなケースは非常に稀なようです。

痛みは10日から2週間程度で和らいでゆき、3週間でほぼ消えるとの情報もあります。ということで、静観することにします。家族の「病院行けよ」の無言の圧力を受けないためにも、何とか痛みに耐えたいと思います。