参議院議員須藤元気氏がMMTに理解。経済問題は最優先課題

マルチな才能で活躍する参議院議員須藤元気氏。最近はMMT(現代貨幣理論)に強く惹かれているようです。Twitterで、井上智洋氏、中野剛志氏などのMMT関連著書を読んでいることを発信しています。

そして、日本だけでなく世界の平和のために最も重要なことが経済問題だとの結論にも達しています。

須藤氏の言うように、自分たちの生活がままならないのに、環境問題や平和、人権、食の安全などの問題を考える余裕は生まれません。そして、経済問題を引き起こしている根本問題がいわゆる「国の借金」であることも。その「国の借金」の間違いを指摘するMMTに辿り着いた須藤氏には、敬意を表したいと思います。

格闘家時代の須藤氏は知っていましたが、ぼくが須藤氏に興味を持ち始めたのはWORLD ORDERというダンスユニットで活動をし始めてからです。このMVを観た時は、何故か感動して涙が出たのを覚えています。

それから須藤氏の著書を数冊読みました。正直、スピリチュアルな感覚に優れているけれど、陰謀論を真に受ける危うさを感じたものです。それと同時に、「世界平和」を心から願い、実現を信じている人だとの印象も持ちました。そんな須藤氏が、政治家を志したのも運命なのかもしれません。

やっぱり駄目ですねこの動画。ふざける子どもたちの場面ではどうしても涙が。。。なんでだろう。「ダンスの完成度より、周りとの調和が重要」と須藤氏は言っていました。その辺りにヒントがありそうです。

ぼくと同年代の山本太郎氏や須藤元気氏らが、これからの日本を変えてくれると期待をしています。