ツッコミどころ満載の河井案里。選挙改革を訴えながら公職選挙法違反?

昨年夏の参院選で初当選した河井案里氏の陣営による、公職選挙法違反疑惑が大問題となっています。ウグイス嬢と呼ばれる車上運動員たちに、上限1万5000円の2倍の報酬を支払っていた疑いがかけられています。さらに、本人と夫の河井克行氏の政党支部に、党本部から合わせて1億5000万円が振り込まれていたなどと週刊誌で報じられました。そのこと自体に「違法性はない」とされますが、それが2倍の報酬の原資になっている可能性もあり、自民党の「金まみれ」選挙運動のネガティブなイメージは避けられない状況です。

一方、同じ選挙区から出馬した現職だった溝手顕正氏には、1500万円しか選挙資金が振り込まれなかったそうです。結局、溝手氏は落選しました。選挙前から両陣営の対立は激しく、河井氏を支援する菅官房長官と、溝手氏を支援する岸田政調会長の権力争いの様相を呈していました。金額の差から、自民党内での力の差がみえてきます。

夫の河井克行氏は安倍首相にも気に入られており、総理補佐官や法務大臣も務めました。その妻である若い案里氏を、官邸が押すのは当然なのかもしれません。そうなると、絶対負けられないプレッシャーが生まれます。どんな手を使ってでも勝たなければなりません。

勝敗を左右する有力なウグイス嬢の確保は、絶対条件だったはずです。また「河井ルール」というワードがあるように、河井陣営では倍報酬が常態化していた可能性があります。これまで問題になっていないから大丈夫だろうと、隙が生じたのかもしれません。リーク元は落選した溝手陣営についた自民党広島県連の関係者との見方もあります。もし溝手氏が当選していたら、表に出てこなかった情報ではないでしょうか。

投票者としては、自民党選挙の汚さを改めて知ることができて良かったとの思いです。ちなみにぼくが住む地域は参院広島選挙区です。この選挙で、河井氏、溝手氏どちらにも入れなかったのは正しかったと安堵しています。

今回の件では、事件が表立つ前と後で、ここまで人の印象が変わるのかと思い知らされました。興味がある人は、河井案里氏の公式サイトをみてください。ツッコミどころ満載です。「提案 選挙のあり方を変えよう」では、公職選挙法に触れています。「これ(公職選挙法)は、候補者間の公平性、平等性を保つことが法律の趣旨となっており、有権者が候補者を選ぶための材料をいかにして与えるか、という視点が欠けています。」だそうです。

その法律を守れない(疑い)あなたって一体???自民党の古い金満選挙にまみれた選挙にどっぷり浸りながら、「日本の未来に、花を咲かそう」なんてよく言えたものです。