苦情が心配?まさかのエロ要素満載の料理漫画『食戟のソーマ』

最近はもっぱらAbemaTVを観ています。AbemaTVは無料のインターネット放送で、地上波と同じようにリアルタイムで番組を放送しているのが特徴です。

アニメが6局と充実しており、ほかにも釣りや麻雀、相撲、将棋、ニュース、格闘、音楽などコンテンツが充実しています。中でも、仕事(運転)中に気軽に観られるアニメは懐かしの『うる星やつら』などが流れており、ついつい観てしまいます。

先日は、『食戟のソーマ』がまとめて放送されていました。『週刊少年ジャンプ』で2012年から2019年まで連載されていた人気漫画で、アニメ化もされています。原作もアニメも一度も観たことありませんでしたが、何かのTV番組でフランス人の女性が『食戟のソーマ』の影響で日本が好きになったと言っていたので、気になっていました。

料理漫画だとは知っていましたが、エロ要素が満載なのに驚きました。今でも週刊少年ジャンプの攻める姿勢に少しうれしくなったと同時に、クレームはなかったのか心配するほどです。同じ人の欲望である「食」と「性」を同列に描かれているは画期的だと思いました。

あまりの美味しさに老若男女関係なく、服が破け素っ裸になる描写はふざけているとしか思えません。でも、まじめに味を語るその様は、もはや芸のレベルまでに昇華させています。

そんなエネルギーがフランス人女性の心を捉えたのでしょうが、日本にどのようなイメージを与えたのか少し心配です。荒唐無稽な設定とキャラクターも魅力で、ストーリー展開も秀逸で大人も十分楽しめるおすすめの作品です。