価格と機能性、デザイン性が申し分ない『Miスマートバンド4』

先日、Fitbitのフィットネストラッカーを買うつもりと宣言したばかりですが、結局『Miスマートバンド4』を購入しました。価格はAmazonで3839円。欧米メーカーの5分の1程度の価格ながら、機能性、デザイン性に優れていると評判が高いアイテムで、買わない理由が見つかりませんでした。

中華モノは高評価のさくらレビューに注意が必要だと聞きます。それを勘案しても全体的に高評価が抜き出ており、このモデルから日本の正規代理店が扱い始めたこと、2019年12月発売された最新モデルであることなどから、購入にいたりました。

Apple Watchと比較してデザイン性が劣ると指摘する人もいました。確かに見る人が見れば分かるのでしょうが、Miスマートバンド4のシンプルさが気に入っています。また、欧米メーカー製ではバンドが切れるといった不満が散見され、二の足を踏む要因となりました。Miスマートバンド4はバンドから本体が取り外せるようになっており、バンドの交換ができるのでその心配がありません。

まだ、フルに使ったのは昨日だけですが、睡眠時間、歩数、ランニングモード、心拍数は正確な数値が出ているような感じです。目標歩数は8000歩で、ジョギングを含めその倍はいっていました。睡眠時間は昨日が6時間、本日が4時間(深い眠り約40分)と短めです。短時間の昼寝は計測されません。睡眠スコアは約70と、改善の余地がありそうです。

心配なのが、ぶつけた衝撃での故障です。腕時計をしていた時は頻繁にぶつけ、ガラス面は傷だらけです。消耗品として考えた方が良いかもしれません。だとすると、この値段が相応なのではないでしょうか。