日本叩きに躍起になる人たち。とりあえず落ち着いて周りを見よう

日本って可哀そうな国だと思います。何かあれば他国から叩かれ、日本嫌いな国民も多い。CNNが、日本を憶測で批判する日本人を喜々として取り上げています。

日本人医師の上 昌広氏にインタビューをし、「日本の感染者数は氷山の一角」の発言をタイトルに報じています。なんだか、従軍慰安婦や南京大虐殺の反省を海外メディアに発信する日本の学者を思い起こさせます。

日本の感染者数は氷山の一角が真実である可能性はありますが、それがどうしたというのでしょう?新型コロナに感染したとしても、8割が軽症で自然治癒します。そんな人たちを含め、すべての検査して正確な感染者数を出してどうしたいのでしょう?そんなのは医療リソースの無駄遣いで、医療崩壊の可能性を高めるのが分からないのでしょうか?

重要なのは重傷者を優先的に治療することです。正確な感染者数が出てないとしても、死者数を6人でとどめている日本が責められる意味が分かりません。ツイッターでは検査をしまくっている韓国やイタリアを褒めたたえる人たちがいますが、一方で死者数は32人と107人にものぼっています。イタリアでは、医療関係者に感染者が増えて医療が崩壊しているという報道もあります。

 

とりあえず日本叩きは置いといて、落ち着いて正確な情報から今何をすべきかを判断しましょう。「分からないから過剰に反応すべき」とのそれらしい意見がありますが、それが買い占めや医療崩壊といった悪影響を与えることが現実に起きているのです。