やっぱり標準品がベスト?電動爪切りを検討してみた

子どもがまだ小さく、自分で爪切りができません。親が切る必要があり、子どもの小さな爪を恐る恐る切っています。そんな理由から、ラジオのショッピングから聞こえてくる「電動爪切り」が気になっていました。電動爪切りはこんな感じ。

この商品は、ローラーの交換で爪磨きや角質落としの機能付きです。爪切りというより、以下の特殊な刃が回転して爪を少しずつ削っていきます。

少しずつ削れるので深爪になる心配もなく、安心して使えそうです。しかし、レビューでは「全く役に立たない」「時間がかかる」といった感想も少なくなく、無用の長物になる可能性もあります。価格も4000円以上と爪切りにしては高く、気軽にポチすることもできません。ということで、今回は保留することにしました。

自分で切るタイプでもさまざまな種類と価格帯があり、割高のニッパータイプも切りやすそうな気がします。

また、スタンダードなタイプでも「日本の職人が匠の技で仕上げた逸品」、「刃は厳選したステンレス刃物鋼を使用かつ高硬度焼入れ」などの宣伝文句が目を引きます。確かに小さな力でも切れる鋭い刃を備えていれば、爪切りのストレスも軽減できそうです。

しかしそんな高級刃でも、時間が経てば切れ味が悪くなります。消耗品として考え、使い慣れた形状で価格も手ごろ感のある標準タイプがベストとの結論にいたりました。例えばこれ。