『Miスマートバンド4』を一カ月使用。気になる深い眠りの短さ

フィットネストラッカー『Miスマートバンド4』を使い始めて早1カ月たち、使い方にも慣れてきました。使う機能は時計、歩数計、心拍数、天気、ランニング、睡眠トラッカーと基本的なものに限られますが、健康維持の意識を高めるのに役立っています。

時計は色々なデザインから選べ、気分や季節、場面に応じて変えられます。時計が表示されるトップ画面を出すためには、画面のタップが必要です。腕を上げると表示する設定もあるようですが、使ったことありません。時計はスマホと連動したものなので正確で、時間合わせは必要ありません。

歩数計は目標設定ができます。一日8000歩が推奨されています。ぼくの場合、仕事の日はその倍は歩いている数値が出ます。でも、トラックを運転する間もカウントされているので、正確性はそれほど高くありません。マニュアル車のシフトチェンジが歩行と見なされているようです。

ランニングモードはスマホのGPSと連動するので、正確な距離を測定できます。走ったコースのマップや、1キロ当たりのペース、心拍数などが確認できます。このおかげで、一日1.5キロ以上ランニングする習慣が付きました。

睡眠トラッキングは、睡眠時間を正確に計測してくれます。ぼくの場合平均すると6時間程度で、8時間が理想とされるのでかなり短いようです。そして気になるのが深い眠りの短さ。浅い眠りの「レム睡眠」と深い眠りの「ノンレム睡眠」は90分サイクルで繰り返されると言われますが、ぼくの場合深い眠りが短すぎます。

昨夜のデータでは、5時間53分の睡眠で深い眠りが34分だけしかありません。これが正確なデータであれば、ぼくの睡眠の質はかなり悪いことになります。ちょっと心配です。

Miスマートバンド4で評価が高いのが充電の持ち。ぼくのデバイスも、1カ月前にフル充電にして今14%残っています。日々の健康維持意識を高められるMiスマートバンド4は良い買い物でした。