総コレステロール値が高く要検査。食生活を見直す時かも

台所の排水が悪くなり、水道屋に見てもらいました。配水管の中から、約10cm四方の油の塊が出てきました。長年かけて少しずつ溜まった油で、配水管が徐々に詰まりぎみになっていたようです。

ホースが届く範囲は高圧洗浄で、シンクの真下のパイプを取り外して洗浄してもらいました。うちの家族はみんなラーメンが好きで、残ったスープはそのまま流しているのも良くないようです。かといって紙や布に全部吸わせて生ゴミで出すのは難しく、できるだけ水に薄めて流す方法しか思いつきません。また、パイプクリーナーで定期的に手入れすることも必要なのでしょう。

先日、1カ月前に受けた健康診断の結果が届きました。長年、もっとも懸念していた尿酸値は昨年から「要観察」レベルに収まっていたのは良かったのですが、総コレステロールの数値が「要検査」まで高まってしまいました。動脈硬化や心臓病、糖尿病のリスクが高くなるため、精密検査が必要なようです。水道屋さんがパイプを血管に例えていたのを思い出しました。「血管と同じでパイプも詰まると動脈硬化みたいになる」と。ぼくの血管も詰まり気味なのでしょうか?こればかりは簡単に洗浄とはいかないようです。

基本的に、お酒やカロリーの高い食事を控えるのが鉄則。食生活に関しては、思い当たることだらけです。肉や油物、魚の卵系、カニ、エビ、貝類が大好きです。食事量は多くありませんが、塩分とカロリー高めのものをお酒と一緒にいただくのが何よりの幸せ。ラーメンのスープは必ず飲み干してしまいます。今思い返すと、そりゃそうなるわなって気がしてきました。生活習慣病による死者は世界で年間3600万人だそうです。食生活を見直す時かもしれません。