新型コロナの副作用。ロックダウンで離婚と妊娠どちらが増える?

結婚してから約15年。3人の子どもを産んだ嫁さんは逞しくなり、結婚前から別人になってしまいました。ぼくはと言えば、嫁さんへの気遣いが明らかに足りなくなったのを自覚しています。典型的な倦怠期でしょう。何とかしなければと思いますが、切実に状況を変える必要性も感じないため、ずるずると変わらない日々を送っています。それはそれで幸せと言えるのかもしれません。

先日ニュースで、リモートワークで旦那が家にいることで関係性がギクシャクしている家庭が増えていると報じられました。ツイッターでもその手の呟きが増えてきているようです。

中国では都市封鎖で外出できないストレスか、離婚が急増しているといいます。

ロックダウンで妊娠が増えるとの予測もありましたが、実際は不仲になるケースが多いようです。四六時中家で顔を合わせると、相手のことが煩わしくなるのが人間の性なのかもしれません。また、リモートワークを強いられるストレスもかなりあるのではと思います。ぼくも自宅で副業をしており、小さい子どもがいる状況で集中することの難しさを日々感じています。

なので一人になれる午前4時ごろ起きて仕事をしていますが、5時ごろ子どもが起きて「お腹すいたー」とか言われると、「うわー」となっちゃいます。「リモートワークは気楽でしょ」と思われるかもしれませんが、実際はそうではありません。「ついでに洗濯もよろしく」なんて気軽に頼むと、「ちょっと待てよ」となっちゃいますよ。

残念ながら、ロックダウンで夫婦の絆が強まるとの期待は持たない方が良さそうです。でも、こんな時だからこそ、人に対して優しさを忘れたくないですね。と、自分に言い聞かせています。