朝日新聞の歪んだ思想と利用される人たち。検察とのただならぬ関係

朝日新聞と官邸の不仲は周知の通りです。最近ではアベノマスクについて、朝日が「布マスクって感染拡大にそれほど効果ないみたいだよ」と紙面でキャンペーンを張ると、安倍首相から「朝日も布マスクをネットで販売してるじゃん」と突っ込まれるというアベノマスクVSアサヒノマスク抗争がありました。

そんなしょうもない程度のいざこざなら、国民に不利益は生じません。しかし、次期検事総長を巡る論争は国会を空転させており、コロナの影響でズタズタになっている国民生活にとって好ましいことではありません。「こんな時に不要不急の法案を出すな」との意見がある一方、「こんな時に与党攻撃のための不毛な論争するな」の意見の方が実態を表しているのかもしれません。

官邸が黒川弘務検事長を、次期検事総長に押したいのはそうなのでしょう。一方で、林真琴名古屋高検検事長を押したい勢力がいることが明らかになりつつあります。それが法務省、検察(検事総長)、マスコミ(朝日新聞)であり、「官邸の恣意的な人事を許すな」と糾弾していますが、内実は「自分らにとって都合の良い人事」をごり押したい意図が見え隠れしています。詳しい情報は、「#朝日新聞は林検事長との癒着を説明せよ」で見られます。

朝日新聞と林検事長との癒着関係の証明として、林検事長のリークによりゴーン逮捕の瞬間に朝日新聞だけが居合わせていた件が指摘されています。黒川検事長が安倍政権にとって都合の良い存在であるとしたら確かに問題ですが、林検事長がマスコミとズブズブの関係にあるとしたらそれも大問題です。朝日新聞にはぜひとも、林検事長との癒着を説明して欲しいものです。林検事長との癒着だけでなく、検察OBとの癒着があるのも明らかです。例えば以下の報道。

松尾邦弘元検事総長らが法務省へ向かう瞬間をとらえた一枚です。朝日新聞に「今から行くよ」と情報が入らなければ撮れない一枚です。なぜ彼らが黒川検事長の検事総長就任につながる定年延長に反対するのか、簡単に想像できると思います。これまで慣例となっていた、検察とマスコミのズブズブな関係が終わってしまうと恐れているからです。

黒川検事長の定年延長に反対している人たちは、「三権分立が脅かされる」と本気で日本の行く末を心配している真面目な人たちだと思います。しかし反対の声が、「メディアと検察の癒着の継続」を応援するという結果になっていることに気付くべきです。多くの人が、左翼メディアの情報戦の犠牲者になっています。

かつては籠池夫妻がそうでしたが、今では洗脳が解かれ自由に発信しています。「#検察庁法改正案に抗議します」に乗っかっている人たちは色々な情報に触れ、自分たちが左翼の情報戦に利用されている可能性があることを少しでも考えてみてはいかがでしょうか?