年功序列の功罪。あながち間違っていない竹中平蔵の構造改革論

なんだか、本を一冊書けそうな大げさなタイトルですが、要は「若者、女性、非正規の待遇改善ができない日本の労働慣習は良くないよね」と言いたいのです。

竹中平蔵氏が過去「正社員は特権」と話していたように記憶しています。当時は、「労働者のすべて非正規にするつもりか」とのお怒りの声がほとんどだったと思います。しかし非正規の立場になると、「なんで正社員の高い給料を維持するために、同じ仕事を安い単価でやらんといけんの?」と素朴に思え、彼の言葉が正しいんじゃないかと思えてくるのです。

ぼくも正社員時代は、低時給で働くパートや内職さんに頼っていました。当時は、自分の立場を特権だと思っていませんでした。しかし、内職やパートさんたちは待遇に不満を抱えつつも、文句も言わずに頑張ってくれていたののでしょう。正社員時代に高い給料を貰っていたわけではありませんが、周りの人たちの犠牲の上に成り立っていたシステムで生かされていたのだと思います。

だからといって、年功序列を一律に廃止すべきとも思いません。それでは、ますます日本の弱体化は加速してしまいます。一方で、ひとつの企業の年功序列に頼らなければ生きていけない日本の労働慣習の改善も必要です。一度そこからドロップアウトしてしまうと、多くの人たちが「人生の負け組」になってしまう日本の閉塞感は相当なものです。

じゃあどうすればいいかという話になりますと、要は企業がまともな労働対価を払えば解決するわけです。しかし、それができない企業がほとんどで、経営者もできないことを恥と思わない倫理観の低い人たちがほとんどです(主観です(;’∀’))。となると政府の出番なのですが、竹中平蔵氏みたいな人が「市場原理がー」なんて叫び出してしまいます。あ、やっぱり竹中氏ダメじゃん。