スガノミクスに期待はしないが緩やかな経済成長路線は続く

菅氏が自民党総裁に選出され、安倍路線の継続という無難な未来がみえてきました。スガノミクスなんて言葉が報道で踊っていますが、特にアベノミクスから大きな変化はないのではないでしょうか。というか、経済政策で自民党に期待する気はさらさらありません。安倍政権で2度の消費増税をしても、緩やかな経済成長が続いたのは幸運に過ぎません。コロナで大ダメージを受けた日本経済に、消費増税が回復の重しになることは容易に想像できます。

菅氏が「(将来は)さらなる消費増税が必要」と述べたことに批判が集まっています。これは菅氏独自の考えではなく、「(将来は)税制健全化が必要」との政府方針があるため仕方のない発言だと思います。「消費増税は不要」と発言すれば、それはそれで「無責任」との大バッシングを受けることになります。

一方で、アベノミクスには「経済再生なくして財政健全化なし」とのメッセージも込められており、これも継承されることになります。なので、「将来的に経済が成長し続ければ消費税を上げる」ことも既定路線になっています。そのため、経済が低迷している今は財政健全化は棚上げする意味を込めて、「国債発行額に上限はない」との発言もありました。この記事の日本語版が見つからないのが不思議です。

だからといって公共事業を以前のレベルに戻すような積極財政や、スガノミクスに期待するわけではありません。しかし、野党がヤバすぎるため政権を任せられるのは自民党しかいません。このままでは一般労働者の所得は伸びず、明るい未来がみえないため消費を増やすことはないでしょう。個人消費が増えない事には経済成長はありえません。大企業が儲かるシステムばかり求めるのではなく、個人が安心して消費できるような社会を目指して欲しいものです。