コプロ・ホールディングスは上げすぎ?前回を反省して利確

コプロ・ホールディングスが爆上げした際、利確しなかった事について反省したのが約一カ月前。一旦下げてからは順調に上昇を続け、ついに爆上げした株価まで戻るという離れ業をやってのけました。中・長期的におすすめ銘柄と紹介しましたが、短期(1カ月)で500円以上も上げるとは出来過ぎです。

確かに企業が成長し続ける限り、預金よりはるかに有望なお金の使い方だと思います。しかし、これ程の株価の上昇を伴う成長とも言えず、来週は大きな調整があるかもしれません。そこで200株のうち、100株を3500円で利確しました。前回の反省があったからこその決断です。

当然、その決断が仇になるかもしれませんが、少ない投資資金で効率的に稼ぐためには必要な判断です。株を保有してい最も悔しいのは、売ってすぐに爆上げすることです。この悔しさが厄介で、折角の売りの好機を逃す原因になってしまいます。

コプロ・ホールディングスに関しては中長期の成長が見込めるので、調整があっても待っていれば戻す安心感のある珍しい銘柄だと思います。事業形態が建設業専門の派遣なので、優秀な人を確保できなければ話になりません。これまでの成長は、企業と人材とのウィンウィンが築けている証です。それが崩れた時、一気に凋落する可能性があることも考慮しておいた方が良いかもしれません。