「罪を憎んで人を憎まず」の体現者河野義行さん。『日本の黒い夏─冤罪』

1994年6月27日に発生した松本サリン事件を題材にした『日本の黒い夏─冤罪』を観ました。第一通報者で被害者の一人河野義行さんに対する、「長野県警察の強引な任意同行」と「報道機関の誤報による過熱取材」の実態を描いた作品です。

ストーリーは、松本サリン事件報道の検証ドキュメンタリーを制作している地元の高校生の取材に、ローカルテレビ局「テレビ信州」が応じ当時の状況を振り返ることで展開します。ぼくは当時、リアルタイムで事件に触れていたはずですが、「こんな事件あったなあ」程度の認識しかありませんでした。

連日、河野義行さんの犯行を裏付ける報道が新聞の一面を飾っていたのは覚えています。そのほとんどが、曖昧な証言や警察が想定するストーリーに沿ったものだったと知り、改めて異常な捜査や報道が行われていたのだと認識しました。

河野さんへの人権侵害は甚だしく、証拠が不十分にも関わらず犯人だと決めつけ、恫喝同然の取り調べで自白を迫ります。マスコミも都合の良い状況証拠を集め、あたかも河野さんが犯人だと報じます。当時のすべての人が河野さんを犯人だと信じ、家族への嫌がらせが激しくなります。

河野さんがモデルになった映画の神部さんは、子どもたちに「嫌がらせをする人たちが間違っている。可哀そうな人たちなんだ」と説き、やましいことをしていない自分たちが逃げる必要はないといいます。河野さんは事件解明になるならと、サリンの後遺症で体調が最悪な状態でも取り調べに応じました。奥さんは意識不明なままです。そんな誠実で公を優先する河野さんを叩く世間や、警察で理不尽な取り調べにもめげず虚偽の自白に追い込まれなかったのは奇跡のように思いました。

その後、オウム真理教の事件の関りが有力になり、地下鉄サリン事件の発生で河野さんへの嫌疑は完全に晴れます。捜査当時の国家公安委員長であった野中広務はが直接謝罪するなど、マスメディア各社も報道被害を認めて各種媒体に謝罪文を掲載しました。

その後、河野さんは、長野県公安委員会委員への就任や、オウム真理教事件及びメディア・リテラシーに関する講演、著述家としても活動しています。驚くのが、妻の命が奪われ個人的に恨みの感情が大きいはずの加害者に対し、まったく恨む様子を見せないことです。松本サリン事件で噴霧車製造に関与し実刑判決を受けた藤永孝三は、2006年の出所後に河野さんと会います。河野さんは怒るどころか「あなたも運が悪かったねえ」と語り、その後も交流は続き釣りをするほどの仲になっているといいます。(Wikipediaより)

「罪を憎んで人を憎まず」とのことわざがありますが、河野さんほどの体現者はいないのではないでしょうか。育った環境や運次第で、誰しも加害者側になり得ます。そんな達観した思想が、「あなたも運が悪かったねえ」の言葉からみえてきます。「起きたことは仕方がない。今はできることをやるだけ」そんな人として大切なことを、河野さんが教えてくれているような気がします。