生まれてくるべきではない人はいるのか?映画『三度目の殺人』が問う難問

2017年公開の映画『三度目の殺人』を観ました。何となく東野圭吾の原作っぽさを感じたのは、ストーリーが『容疑者Xの献身』と似ていたからかもしれません。どちらも、誰かを守るために殺人を犯すおじさんが主人公で、「最後まで守り抜けるか?」とハラハラさせられます。脚本は是枝裕和監督のオリジナルで、福山雅治、役所広司、広瀬すずが主なキャストです。

ストーリーは、役所広司演じる三隅が殺人を犯す場面からはじまります。2度目の殺人事件ということで死刑を免れないであろう三隅を、福山雅治演じる重盛が弁護を受け入れることになります。二人の面会場面では、殺人を認め悪びれることなく、三隅はなくひょうひょうと犯行について語ります。犯行の事実は争えないため、重盛は少しでも減刑されるよう戦略を立てます。しかし、供述がコロコロ変わる三隅に苛立つとともに、事件を調べるうちに、普通の殺人ではないとの違和感が沸き上がってきます。

映画の楽しみ方の一つに謎解きがあり、是枝監督ならではの伏線が張り巡らされています。レビューでは色々な解釈や意見がありますが、監督はあえて回答を用意していなかったようです。観客それぞれが自分なりの解釈をすればいいとのスタンスです。そのため消化不良気味で物足りないと感じる人も多いようです。

ぼくの解釈では、この映画のテーマの一つが「生まれてくるべきではなかった人はいるのか?」というもの。三隅と重盛は、「イエス」と明言しています。そんな二人の大きな違いが、生まれてくるべきでなかった人を殺すことをためらわない三隅と、そんな人でも弁護をしなければならない重盛。三隅が起こした2件目の殺人事件は、仲良くなった広瀬すず演じる山中咲江を守るためのものでした。咲江を性的暴行していた実父を焼き殺したのです。そして、三隅自身も生まれてくるべきではなかったと感じていたため、死刑になることを望んでいます。自分を殺すことで、三度目の殺人が完了します。

もう一つのテーマが裁判の限界で、法廷では真実がすべて明らかにされることはありませんでした。もし事情が明らかになれば、三隅は死刑を免れたかもしれません。しかし三隅はそれを望んでおらず、むしろ裁判を利用して自分を殺そうとしているかのようです。そのことで、咲江が法廷で証言をして心に傷を負うことも避けられました。徹底的に悪人を演じることで、大切な人を最後まで守り抜きます。善と悪のあやふやさを問う、是枝裕和監督らしい作品だと思います。