保身から生まれ拡散する悲劇。推理が楽しめる『麒麟の翼 〜劇場版・新参者〜』

2012年公開の映画『麒麟の翼 〜劇場版・新参者〜』を観ました。原作は東野圭吾の小説『麒麟の翼』で、監督は土井裕泰。メインキャストは阿部寛、松坂桃李、中井貴一で、他にも新垣結衣、溝端淳平、菅田将暉、山﨑賢人など、今では大活躍の豪華な人たちが出ています。個人的には、子どもと観ていた『侍戦隊シンケンジャー』のシンケンレッドの印象が残る松坂桃李が、この作品で日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞し、その後も多数の映画に出演し高い演技力を見せているのがうれしく感じます。

映画は、進行とともに謎が徐々に明らかになる正統派の推理ものです。ストーリーは、東京日本橋の欄干に瀕死の状態でもたれかかる中年男性(中井貴一)を起点に始まります。誰にナイフで刺されたのか。加賀(阿部寛)と松宮(溝端淳平)も捜査に関わります。もっとも怪しいのが、事件直後に現場から逃走し、トラックにはねられ昏睡状態に陥っている若い男。しかし、被害者の周辺を調べているうちに、別の線が浮かび上がります。次々に明らかになる事実から、犯人が絞られていく過程がスリリングに描かれています。

また映画では、各登場人物の置かれた状況や心理も丁寧に表現しています。登場人物に完全な悪人がいないのが、東野圭吾作品の特徴のように感じます。被害者も加害者も事件に至るまでやむにやまれぬ事情があり、不幸が重なり悲劇につながる展開も東野圭吾らしさかもしれません。そんな内容なので、観終わった後爽快な気分になることはありません。事実がすべて明らかになる点では、もやもや感は残りませんが。

それでも「悲劇からの希望と祈り」がテーマであるように、わずかな希望が感じられるのが救いです。東野圭吾作品を多く読んでいるわけではありませんが、「犯した罪は償うべき」という考えを強く持っている人のように感じます。この作品でも、罪を隠そうとしたことで殺人事件にまでつながってしまいます。生徒の傷害事件を隠蔽した糸川肇 (劇団ひとり)は「子どもたちのために」と正当化しますが、本当は保身でしかなかったのではないでしょうか。

作品のレビューでは、登場人物の行動がクズ過ぎるとか、偶然が重なり過ぎるといった意見が多く見られます。確かによく考えると、何で刺しちゃうんだよ、何で盗んじゃうんだよ、何でそんな行動すんだよと思う場面があります。容疑者や、イジメの被害者が(都合よく?)しゃべれない状況になってしまうのも不自然です。それでも、推理を楽しめるエンターテイメント作品としては良くできた作品だと思います。