主観と現実とは別物。人が怖くなる映画『白ゆき姫殺人事件』

2014年公開の『白ゆき姫殺人事件』を観ました。原作は『告白』が有名な湊かなえ、監督は『ゴールデンスランバー』などの中村義洋。メインキャストは井上真央と菜々緒、綾野剛です。小説も映画も存在自体知らず、あまり期待せずに見始めました。おしゃれなポスターからイメージしていた内容とは大きく違い、人の醜さをこれでもかと描いており、冒頭の殺人現場シーンから引き込まれました。

化粧品会社のOL三木典子(菜々緒)が滅多刺しにされ、燃やされた状態で発見される場面から物語は始まります。ワイドショーの制作を請け負う契約ディレクターの赤星雄治(綾野剛)は、知人の狩野里沙子(蓮佛美沙子)からの情報を元に関係者に取材を試みます。取材対象者の主観に基づいた証言から、虚実入り混じった事件が起きるまでの過程が明らかになってきます。

赤星は取材内容から、三木の同僚だった城野美姫(井上真央)の犯行を確信します。赤星は取材で知ったことをTwitterで逐一報告していたことから、ネットでは城野への異様なバッシングがはじまります。本当に城野は犯人なのか、関係者の証言は信頼できるのかが見どころで、観る者をここまで混乱させる映画も珍しいかもしれません。

小説や映画で訴えたかったことの一つが、ネットやワイドナショーのいい加減さです。『告白』で有名になった湊かなえは、自分が取材対象になりそれを強く感じたことがこの小説を書くモチベーションになったようです。週刊誌やネットでフェイクニュースの餌食になったかもしれません。まさに映画では、城野が餌食になってしまいました。しかしそんな城野でさえ、本当に単なる可哀そうな被害者なのかといえば疑問を感じさせるところが、湊かなえの凄さです。これについては最後に書きます。

それにしても印象的だったのが、三木典子を演じる菜々緒の美しさと悪女ぶり。城野の一言にカチンときた三木は、城野をターゲットに執拗な嫌がらせをします。同じ会社の彼氏を奪ったり、大好きなアーチストの彼氏に収まってしまうなどここまでやるかって感じです。そして三木の後輩の狩野里沙子を演じた蓮佛美沙子も素晴らしい。しらーっと嘘を吐き、人を陥れることにまったく罪悪感を感じさせないサイコを見事に演じています。この映画で一番輝いていたのが彼女です。めちゃめちゃ恐ろしいです。

そして唯一のイノセントな存在として騙されてはいけないのが井上真央演じる城野美姫です。ネットでは、真犯人が捕まったことから一転して可哀そうな被害者になった彼女ですが、真相として語られたのは実は彼女の主観に基づいているため、真実とは限りません。中学時代の自転車事故やアーティストの転落事故も、彼女の中では自分の犯行だと告白していませんが、実際はどうだか疑問です。もしかして三木殺害のフィクサーの可能性も・・・

そんな風に思ったのは、ライスとのシーンで彼女が赤星を車でひきそうになるシーンがあったからです。とっさに「わざとじゃん」と感じました。じゃあこれまでの彼女の主観も怪しいな、と思ったわけです。視聴者レビューではネットやメディアのいい加減さを非難したものが多かったのですが、彼女の怪しさを指摘したものはほとんどありませんでした。もしかして多くの視聴者は彼女に騙されたままなのかもしれません。これも個人的な感想なので、小説や映画がそれを意図したのかは分かりませんが、ぼくには湊かなえの一筋縄ではいかないところだと納得した次第です。