娘を殺された教師の壮絶な復讐。少年をメンタル的に追い込む映画『告白』

2010年公開の『告白』を観ました。湊かなえのベストセラー小説の映画化で、監督は中島哲也、主演は松たか子。言わずと知れたベストセラー小説とヒット映画ですが、今まで何故か観る気になりませんでした。昨日紹介した映画『白ゆき姫殺人事件』の流れで、ようやく観る気になった次第です。

ストーリーは、娘を殺された女性教師森口 悠子(松たか子)が、犯人の生徒を追い詰めるという単純なものです。伏線としてHIV、いじめ、親子関係、シングルマザー、ネグレクト、少年法などが描かれています。しかし、個人的には内容より、美しい映像と人の醜さの対比がもっとも楽しめた要素となりました。それと松たか子の「どっかーん」「なーんてね」のセリフが最高にクールでした。

かといって松たか子は楽しみながら少年を追い込んでいたのではなく、彼女をそうさせたのは悲しみ以外の何ものでもなかったような気がします。犯人の少年二人は森口の娘を殺害しますが、事件は事故として片づけられます。中学生1年の二人は、少年法に守られていることからバレることさえ恐れていませんでした。むしろ二人にとって、犯行が公になった方が楽だったはずです。精神が破壊されるまで徹底的に追い詰められることになるのですから。

同じように、娘の復讐劇を描いたのが映画『64-ロクヨン』です。こちらの映画では、父親が犯人を見つけ、同じ苦しみを味合わせるために並々ならぬ執念をみせます。子どもを奪われるということは、親にとって耐えがたいことなのでしょう。決して経験したくありませんし、子どもを犯罪に巻き込むことは社会的にあってはならないことだと思います。『64-ロクヨン』では、そんな気持ちを持っているはずの親が他人の子どもを殺すわけですから、人は愚かとしか言いようがありません。

それでも、『告白』のような作品が受け入れられること自体に希望を感じます。明らかに作品では、中一の少年に私刑を与える教師をダークヒロインに仕立て上げています。周りの人間を馬鹿にし、自分が特別な存在かのように感じている少年のプライドを、ズタボロに引き裂く過程は残酷でありながら留飲を下げる思いで見入ってしまいます。不幸な生い立ちだろうが子どもだろうが容赦しない、お前らどうせ更生なんてしないだろ。そんなこれまでになかった主張が受け入れられた、問題作だけど重要な作品なんだと思います。