犯人は何に対して怒っているのか?実際の殺人事件をモデルにした映画『怒り』

2016年の映画『怒り』を観ました。原作は吉田修一の小説で、監督は李相日。『悪人』と同じ原作者と監督なためか、内容や雰囲気が似ていました。率直に言うと、あまり好みではありません。主演は渡辺謙、妻夫木聡、綾野剛、三浦貴大、松山ケンイチ、宮崎あおい、広瀬すずと豪華です。

物語は、八王子郊外で起きた若い夫婦の惨殺事件から始まります。さらに1年後、房総、東京、沖縄に現れた、身元不明の3人の男の生活を軸に話は進みます。3人には接点はなく、それぞれの場所で周りの人たちに支えながら生活基盤を形成していきます。しかしそんな生活は長く続かず、惨殺事件のモンタージュ写真が公開されたことから、周りの人たちから疑念を抱かれるようになります。はたして3人の中に真犯人はいるのか?

当初は、人の良さそうな3人に対し応援したくなりますが、3人の中に犯人がいると分かると、3人とも怪しく見えるのが不思議なところでもあり、後味の悪さが残る理由かもしれません。ネタバレすると、小説はリンゼイ・アン・ホーカーさん殺害事件を参考にしていることから、沖縄の無人島で生活していた男がもっとも怪しく感じられます。それが確証に変わるまで、この男に「おや?」と思える行動があり、最後は「やっぱりそうか」となります。

沖縄の無人島、整形、住み込み労働など、リンゼイ・アン・ホーカーさん殺害事件の犯人と共通点があります。しかし映画では、最後まで殺人事件を犯す理由に釈然としません。映画の犯人にしても、リンゼイさんを殺した犯人にしても、何に怒りを感じていいたのでしょうか。

犯人は、人から憐みの目で見られることが我慢ならなかったのか?そんなことで怒りを爆発させ、殺人までしてしまうのか?感情的な一方で、自分を信じる人たちを狡猾に利用しあざ笑う犯人の姿からは現実味を感じられません。単なるサイコ男の物語だとすれば、豪華なキャストがもったいないような気がしました。