未練たらたらの駄目男と前に進みたい女性の対比が面白い『海よりもまだ深く』

『家族はつらいよ2』の後に『海よりもまだ深く』を観ました。喜劇作と単純に比べられませんが、『海よりもまだ深く』は自然なユーモアと、うまくいかない人生のもどかしさの表現など、あらゆる面で前作を凌駕する作品だと感じました。大好きな俳優の一人、阿部寛さんが主演なのでひいき目で観てしまうのかもしれません。髪が薄くなりかけた中年男を見事に演じています。時々アンガールズ田中に見えてしまうのが笑えました。

阿部寛演じる篠田良多は、15年前に文学賞を取った鳴かず飛ばずの小説家で、「小説のための取材」とうそぶき探偵事務所で働いています。純文学のこだわりと賞を取ったプライドから、漫画の原作の話にも乗り気ではありません。そんな篠田良多には、別れた妻響子(真木よう子)との間に一人息子がいて、月に一度会えるのを楽しみにしています。篠田は純文学小説家への未練だけでなく、響子への未練もたらたらで、響子の新恋人にやきもちを妬きます。たまたま篠田の母淑子(樹木希林)の家に集まった良多、響子、息子の3人は、台風の接近のため家で一夜を過ごすことになります。

特に大きな出来事もなく、淡々と話は進みます。ただ、新たな環境を求め前に進みたい響子と成長していく息子、そんな家族への未練から前に進めない良多のもどかしさが露わになってきます。未練はあるがいつまでもギャンブル的な自堕落生活から抜け出せない良多。もしかしたら、良多がまともな仕事に就き、息子にとって良い父親になれるようであれば復縁のチャンスがあったのかもしれません。しかし、子どもの頃なりたかった大人になる希望を捨てられず、一発狙いを止められません。子どもが一番大事な存在と考えている響子は、良多への未練が完全にないわけではありませんが、息子のために前に進むことを選択します。とても切ないお話なのです。

この作品で驚いたのが、エンドロールで高橋和也の名前を見つけたこと。確かにちょい役で出ていました。高橋和也といえば元ジャニーズの男闘呼組のメンバーで、中学時代にデビュー曲のDAYBREAKを死ぬほど聴きました。人気絶頂の時にジャニーズを解雇されてから、ほとんど目にする機会はありませんでした。ちなみに解雇劇には、メリー喜多川副社長が激怒したのが理由とのうわさがあります。その後は俳優として活躍されているようで、色々な作品に出演しています。しかも、6人もお子さんがいるとか。大変な苦労があったと思いますが、良い俳優さんと父親になっているようで嬉しい限りです。