目指せ効率的な時間の使い方。1時間あればできることはたくさんある

年末年始の連休も今日で終わりです。いつもながら思うことは、「もっと有意義な休みにできなかっただろうか」ということ。

連休になると食う、寝る、子どもと遊ぶの繰り返しになり、たまに部屋の片づけをするぐらいです。それはそれでいいのですが、終わってしまうといつもの後悔が沸き上がってくるのです。

収穫と言えば、仕事のドライバーに関する有益な情報を集めることができたこと。4月ごろを目途に転職の道筋がイメージできたのは大きかったです。

これまでの会社で扱う荷物限定のドライバーから、色々な会社の荷物を扱う運送会社のドライバーへ転向する計画を立てる上で、大きなネックになっているのが労働時間の長さ。

一日8時間から、最大12時間も延びる可能性があります。副業もブログも続けていく予定なので、これまで以上に上手に時間を使わなければなりません。

見直せるとしたら、ダラダラとネットニュースや株価をみる時間や、自然に目が覚めるまで寝ている睡眠時間の削減。削減して精神的にストレスが増えても嫌なので、質の良い情報収集と睡眠のための管理強化といいましょうか。

精神だけでなく、体のためにも規則正しい生活は重要になります。のんびりし過ぎて、体が鈍ってしまっては本末転倒です。ドライバーに限らず、仕事をする上で体が最大の資本になります。

昨年は、大して忙しくなくても常にイライラしていた先輩が、自爆(自損事故)でドライバー職を追われてしまいました。先輩の二の舞だけは御免です。体と精神に無理が出ない程度に、時間をコントロールしながら仕事と生活の質を向上したいものです。