優先順位を守ろう。隙あらば割り込もうとする人たち

最近、ストレスのはけ口になってきたブログですが、ついでにもう一つ。先日コメントで、道路上の優先順位についての疑問が寄せられました。黄色点滅信号側と、青信号の右折ではどちらの車が優先されるかというもので、常に青信号が優先されると回答しました。

色々調べるとさまざまな見解があり、ケースバイケースで黄色点滅側が優先との意見もあります。信号が何色でも、右折側は直進車がある場合止まらなければならないという意見も。

そんな意見に出合ったことで、次の疑問が生まれました。以下のイラストは、会社の近くのT字路を描いたものです。コンビニとGS(ガソリンスタンド)と面していて、青信号を右折しようとすると、店舗から強引に飛び出してくるドライバーに度々遭遇するためうんざりしていました。

 

③がぼくのトラックで、①がコンビニから、②がGSから出ようとする自動車です。矢印は進行方向です。例えば昨日、青信号で右折しようとするとまず①が前に飛び出してきて、危ないので減速すると今度は②が目の前を通り過ぎて行きます。

「いやいや、こちらが優先だろう」「こちらが右折してからでも十分に行けるだろ」「そもそも①は信号の手前の出口から出ろよ」と不満が次々と浮かんできます。本当は、「はいはい、お先にどうぞ」と余裕を持ちたいのですが、あまりにも失礼で危険と感じるような運転だったのでカチンときました。ちなみにどちらも結構な高齢者です。

しかし、本当に「右折車は常に直進車を譲らなければならない」という交通マナー(法)があるのであれば、②のドライバーに関しては間違っていないことになります。ですがどうしても納得できません。ぼくが②だったら、③の右折を邪魔するような飛び出しは絶対にしないでしょう。