国の借金, 経済

トランプ大統領が2兆ドル(約220兆円)規模の経済対策に著名しました。

確か財政赤字が膨らむと国債金利が上がり、金利負担で財政がひっ迫、通貨の信認が失われインフレが加速するはずです。主流派経済学では。米国がそのような道を進 ...

経済

新型コロナ拡大による米国の株価暴落で、トランプ大統領が成果と誇っていたトランプ相場が吹き飛びました。トランプ大統領の新型コロナ発生源中国に対する怒りは相当なものでしょう。

大統領選を控えたこのタイミングに蔓延したウイルス。 ...

国の借金, 経済

新型コロナの蔓延で、各国の景気の落ち込み予測がシャレにならないレベルになっています。先日、1兆ドル(約110兆円)の景気刺激策を検討していた米国を称賛しました。最新の報道では、それが倍になるとのことです。

それほど危機的な ...

経済, 経済指標

日本の長期金利が上昇しています。そこで出てくるのが、いつもの人たち。代表がこの人。

影響力のある人が、「金利上昇は止まらない」などと訴えれば信じる人も多いでしょう。藤巻氏は数十年に渡り「日本国債、円の暴落」を予測し外してき ...

国の借金, 経済

米国の大統領予備選でバイデン氏がリードを広げています。サンダース氏が選ばれないのであれば、トランプ大統領が再選した方がましです。今起きている新型コロナによる景気後退懸念に対する、トランプ大統領の決断の速さは尊敬に値します。

国の借金, 経済

レバノンで、秒読み段階にあったデフォルトが起きました。政府が外貨建て国債の返済を延期するため、事実上破綻したことになります。

上の記事の中にもあるように、破綻で注目されるのが対GDP比の政府債務残高。確かに151%と、過去 ...

経済, 間違った報道・政策

消費増税の悪影響を認識しながら、「軽減税率やポイント還元で影響を最小化する」と強行した安倍政権。それが失敗だったと早くも確定したようです。もやはマスコミも、消費増税に賛成し辛い世論になってきました。

弱り目に祟り目とはまさ ...

経済, 間違った報道・政策

今回の消費増税でも、リーマンショック級の打撃が日本経済を襲っています。

さすがに、「財政危機だから消費増税が必要」の嘘に気付いた国民も増えているのではないでしょうか。そもそも財政危機ではないし、財政危機だとしてもGDPの6 ...

国の借金, 経済

通貨の番人であるIMF(国際通貨基金)が、イタリアの財政赤字と政府債務残高に目を光らせています。

 

イタリアは2020年の財政赤字が対GDP比2.4%となり、目標の2.2%が達成できない見込みです。IMFは、 ...

国の借金, 経済

ゴーン被告の逃亡先のレバノンで、反政府デモが激化しています。怒りの矛先は腐敗した政治に向かっていますが、その背景にはボロボロになった国民経済にあります。政治が腐敗していようと生活が安定していれば、ここまで大規模なデモに発展していないで ...