経済, 間違った報道・政策

MMT(現代貨幣理論)に懐疑的な方からコメントをいただきました。MMTの批判記事で、よくまとめられているものとして以下のサイトを紹介していただきました。このような建設的なやり取りができるのはとてもありがたく、コメ主の方には感謝していま ...

国の借金, 経済

ドイツで政治家やエコノミストなどから、財政収支を最優先とするアプローチからの脱却を求める声が上がっています。

ユーロ圏では第2四半期の成長率が急減速したことから、財政出動の必要性が高まっています。ドイツの第2四半期成長率の ...

経済, 間違った報道・政策

山本太郎代表率いるれいわ新選組が公約で消費税ゼロを掲げ、財源として国債だけでなく、所得税の累進課税強化や法人税の引き上げを提案していることから、SNSでは法人税について話題になっています。

法人税を払ってないとして、ターゲ ...

国の借金, 経済

日本はGDPの6割を国内消費が占める、内需依存型の経済です。貿易立国と言われますが、輸出依存度は15%程度です。

20年来「少子高齢化で国内需要は減少するため、海外の需要を掘り起こさなければならない」と自動車産業などの輸出 ...

国の借金, 経済

ぼくがいわゆる「国の借金」に疑問を持ち始めて約10年、きっかけは三橋貴明氏による雑誌の寄稿でした。たぶん三橋氏が参院選で落選した2010年ごろの「SAPIO」誌上での論考だと思います。いわゆる「国の借金」は政府の借金であり、国民にとっ ...

生産性, 経済

ロボットやAIが、人々の仕事を奪いつつあります。かつてはラインで単調な作業に従事していたロボットが、マシンラーニングやマシンビジョンで自ら判断し、複雑な作業もこなせるようなレベルにまで高まっています。高度化はまさに日進月歩で、2~3年 ...

お金, 経済

西村 博之氏が少子化対策として、「子ども一人につき1000万円配ればいい」と主張しています。反応には賛否両論ありますが、意外にもほとんどが好意的に受け入れられているようです。ネットの反応だからでしょうが。

同氏が言うように ...

経済, 間違った報道・政策

先日の参院選の結果を受け、自民・公明党の与党は「消費増税の信認を得られた」とし、消費増税は避けられない状況になりました。

分かります。日々「国の借金1000兆円超え、消費増税止む無し」といった報道に触れていると、「仕方がな ...

経済, 間違った報道・政策

ドラム式の乾燥機能付き洗濯機(日立)を購入したのは約半年前。それまでは、乾燥機能未搭載のタテ型洗濯機を十年程度使っていました。梅雨の時期は、乾燥機能は大変便利です。消費電力が大きく電気代の負担もありますが、家事の時間を短縮できるので十 ...

経済, 間違った報道・政策

MMT(現代貨幣理論)を提唱する米ニューヨーク州立大学教授のステファニー・ケルトン氏が来日しました。MMT国際シンポジウムでの講演・記者会見を受け、メディアが一斉にMMTについて報道しました。

日本の巨額債務「問題なし」= ...