経済, 間違った報道・政策

アジア開発銀行(ADB)の元チーフエコノミストで米国コロンビア大学ビジネススクールの教授シャンジン・ウェイ氏が、反グローバリズム主義への反論を寄稿しています。

ウェイ氏は、「反グローバリゼーションバイアスとパブリックポリシ ...

経済, 間違った報道・政策

コーネル大学教授で経済学者のエスワー・プラサド氏が、低迷する世界経済について寄稿しています。

「世界の景気停滞を止められるか?」のタイトルの記事で、プラサド氏は以下のように主張します。

拡大する景気停滞リスクの ...

経済, 間違った報道・政策

欧州中央銀銀行(ECB)政策委員会のメンバー、ホルツマン ・オーストリア中銀総裁がECBの金融政策は失敗だと批判しています。

「ECBのホルツマン氏が現在の金融政策は間違いと指摘、ラガルド新総裁の下、新たな道に期待」とのタ ...

経済, 間違った報道・政策

最近のアメリカの論壇誌には、新自由主義や市場原理主義が間違っていたとする内容のものが目立ちます。これもそのひとつです。

カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)の名誉教授で経済学者のロジャー・ファーマー氏が、「私たちに ...

経済, 間違った報道・政策

IMFの元チーフエコノミストとして経済界に影響力を持つオリヴィエ・ブランチャード氏が、ピーターソン研究所(PIIE)主催の会議で講演を行います。テーマは「不平等との闘い」です。主流派経済学の重鎮が、看過できないレベルまで格差が拡大した ...

経済, 間違った報道・政策

厚生労働省は、「働き方改革」の意義を以下のように説明します。

「働く方の置かれた個々の事情に応じ、多様な働き方を選択できる社会を実現し、働く方一人ひとりがより良い将来の展望を持てるようにすることを目指しています。」 ...

経済, 間違った報道・政策

10月1日より消費税が8%から10%に上がります。消費増税が経済に悪影響を与え、長期的には税収減になることは多くの識者から指摘されています。データを提示し、舌鋒鋭く消費増税に反対するのが元内閣官房参与の藤井聡氏です。以下のグラフを見れ ...

経済, 間違った報道・政策

ECB(欧州中央銀行)のドラギ総裁が、MMTを検討すべきと言及しました。

 

ドラギ総裁は、運営審議会(Governing Council)はMMT(現代貨幣理論)といったアイデアにもオープンであるべきと発言し ...

経済, 間違った報道・政策

経済評論家、加谷 珪一氏の記事「日本はもはや後進国であると認める勇気を持とう」が話題になっています。

「後進国」という言葉は、先進国の対義語として過去使われていましたが、今では「発展途上国」が主に使われています。敢えて侮蔑 ...

経済, 間違った報道・政策

この20年、世界的に低インフレな状態が続いています。先進国でその傾向は強く、特に日本のインフレ率の低さは顕著で、20年以上デフレが続いているといっても過言ではないでしょう。

インフレ率が高ければいいというわけではありません ...