未分類, 経済, 間違った報道・政策

ここ広島県では中国新聞の購読シェアが約45%で、全国紙の読売新聞の約10%を大きく引き離しています。ぼくも5年前までは購読していましたが、中国新聞が5から8%への消費増税を明確に反対していなかったこと、そして図々しくも新聞への軽減税率 ...

国の借金, 経済, 間違った報道・政策

今回の「平成30年7月豪雨」と命名された西日本豪雨で、ぼくの住む広島県でも甚大な被害が出ています。洪水や土砂災害が出始めたのは7月7日の夜で、昨日7月12日も池が決壊して避難指示が出るなど被害は継続して起きています。広いエリアで道路や ...

経済, 間違った報道・政策

アベノミクスの最大の成果は、就業者数の増加と失業率の低下とされています。一方でアベノミクスが失敗と主張する人たちは、「実質賃金が安倍政権下で5%も低下している」とその理由を説明します。データはどちらも正しいのですが、結論はまったく逆と ...

経済, 間違った報道・政策

一部の人たちは、「アベノミクスのおかげで失業率が2.2%まで下がった。完全雇用は近づいており、物価上昇も期待できる」との声があがっています。そんな声を聞くたびに、黒田日銀総裁の「物価上昇のモメンタムは維持している」と数年前から言い続け ...

経済, 間違った報道・政策

昨日のエントリーでは、人手不足の中伸びない実質賃金について考察しました。

働き方改革でさらに貧困化が進む?雇用の規制緩和で伸びなくなった実質賃金

加速する人手不足の中人材を確保するため、企業は賃金を上げているの ...

経済, 間違った報道・政策

完全失業率が2.2%まで低下しています。失業率は25年7カ月ぶりの低水準、有効求人倍率は1.60倍と44年4カ月ぶりの高水準と聞けば、さぞかし労働者にとっていい時代がきたと感じそうですが、実態は違うようです。

雇用指標、5 ...

経済, 間違った報道・政策

ぼく程度の経済認識で、日銀政策を論理的に否定することはできませんが、さすがに昨今のリフレ派の言い訳にはうんざりしています。

まず、2013年時点での日銀による異次元の金融緩和の目標をみてみましょう。

超金融緩和 ...

経済, 間違った報道・政策

日本人の金融資産が増え続けています。

低金利でも貯蓄、個人の「現金・預金」過去最高

日本銀行は27日、2018年1~3月期の資金循環統計(速報)を発表した。個人(家計部門)が持つ金融資産の残高は18年3月末時点 ...

仕事について, 経済, 自分について, 間違った報道・政策

日銀と日本政府は、インフレ率2%の目標を掲げながら5年間も達成できずにいます。

インフレにならないのは需要が足らないから

経済学では、現実のGDPが潜在GDPを上回ると総需要が総供給を超えるためインフレになるといわれています ...

経済, 間違った報道・政策

いやー、しびれる試合でした。前評判では完全にコロンビアが有利。AIも、「2-0」でコロンビアの勝利確率59%と予測していました。まだまだですねAI。

個々の能力の高いコロンビアを、チームプレーで封じた典型的な日本の戦い方で ...