国の借金, 経済

かつては伝説のトレーダーと呼ばれ、今では「逆神」で有名な藤巻健史氏。著書のタイトルをざっと見ただけで、その逆神ぶりがまさに神がかっていることが分かります。

最新作のタイトルが『日本・破綻寸前』。2010年にも『日本破綻』と ...

国の借金, 経済

非常事態宣言が延長され、「自粛警察」と呼ばれる方々が自粛しない店舗や人々への取り締まりを強化しています。ぼくは以前から、保障なしに自粛を求める政府が責められるべきと主張してきました。ジャーナリストの尾中香尚里さんが、まったく同じ論調の ...

国の借金, 経済

以前ブログで、参議院議員の音喜多駿氏について書きました。当時は都議会議員だった音喜多氏は、「経済・財政は、『ヤバイ!』と感じた人が多数派になった瞬間に破綻する」という独特な感覚を持った人だと紹介しました。

その音喜多氏が、 ...

国の借金, 経済

「命を守るためにはコストがかかるんですよ!」。気迫の元政治家、橋本氏が吠えています。コストって何のことでしょう?どうやら、財政破綻リスクのことのようです。

「死亡者数を出して経済を回すのか、死亡者数は出さないが財政破綻のリ ...

国の借金, 経済

最近は、「逆神」こと藤巻健史さんの発言力に驚いています。藤巻健史さんといえば、ニコニコ大百科で「逆神」と紹介かれるように発言が当たらないことで有名です。例えば超円安や日本の財政破綻、ハイパーインフレを数十年間予測し続けています。

国の借金, 経済

このブログで新型コロナに初めて言及したのが1月26日のエントリーです。日本で3人目の感染者が確認された時でした。そこで、「医療機関の受け入れ態勢が整った日本で、重症化して死亡するケースは多発しないと個人的には思います。」と書きました。 ...

国の借金, 経済

トランプ大統領が2兆ドル(約220兆円)規模の経済対策に著名しました。

確か財政赤字が膨らむと国債金利が上がり、金利負担で財政がひっ迫、通貨の信認が失われインフレが加速するはずです。主流派経済学では。米国がそのような道を進 ...

国の借金, 経済

新型コロナの蔓延で、各国の景気の落ち込み予測がシャレにならないレベルになっています。先日、1兆ドル(約110兆円)の景気刺激策を検討していた米国を称賛しました。最新の報道では、それが倍になるとのことです。

それほど危機的な ...

国の借金, 経済

米国の大統領予備選でバイデン氏がリードを広げています。サンダース氏が選ばれないのであれば、トランプ大統領が再選した方がましです。今起きている新型コロナによる景気後退懸念に対する、トランプ大統領の決断の速さは尊敬に値します。

国の借金, 経済

レバノンで、秒読み段階にあったデフォルトが起きました。政府が外貨建て国債の返済を延期するため、事実上破綻したことになります。

上の記事の中にもあるように、破綻で注目されるのが対GDP比の政府債務残高。確かに151%と、過去 ...