国の借金, 経済

日本の財政破綻、ハイパーインフレ論で有名な藤巻健史さんが、海外の報道で取り上げられていたので読んでみました。記事の内容より、「またこいつかよ、勘弁してくれよ」的な反応が面白かったので紹介します。

同氏を取り上げていたのはb ...

国の借金, 経済

消費増税賛成の論調を繰り返していたため、このブログでも批判していた池田信夫氏ですが、最近はMMT(現代貨幣理論)に理解を示すような記事を書いていて驚いています。

このブログでは以下のように、同氏のいくつかの記事を批判してき ...

国の借金, 経済

このブログでもずっとテーマにしてきた、日本の経済成長を妨げ自国民を貧しくしてきた「主流派経済学の嘘」が暴かれつつあります。国会でMMT(現代貨幣理論)について議論される時代になったからです。

「MMTの論理、実行しているわ ...

国の借金, 経済

米国政府の2月の赤字が、過去最高を更新したとの報道があります。トランプ政権は公約通り大型減税を実施するとともに、支出も拡大しています。それが経済成長につながっているのは確かなのですが、赤字が拡大し増加する政府債務残高に対する懸念の声も ...

国の借金

近年米国で注目されるMMT。日本でも、ちらほらメディアでも報じられるようになりました。

その名はMMT=福本容子

要は、国の政府は財政赤字など心配せずもっと借金していいよ、という話である。

「現代金 ...

国の借金, 経済

相変わらず日本では、「国の借金○○兆円、ひとりあたり○○万円」と的外れな報道で人々を洗脳しています。米国でも同様の報道はありますが、一方で「国の借金は問題ないのでは?」との報道も目立つようになってきました。下院議員アレクサンドリア・オ ...

国の借金, 経済

米国でも、「国の借金がGDPの○○%、○○億ドル超え」という声が強くなっています。一方で、THE WALL STREET JOURNALが以下の記事を掲載するなど、いわゆる「国の借金」について「危険水準だ」「問題ない」の両論を示してい ...

国の借金

日本で「国の借金が○○兆円、国民一人当たり○○万円」との報道が相変わらず垂れ流されていますが、どうやらアメリカでも「国の借金がー」の声は強まっているようです。

National debt tops $22 trillion ...

国の借金, 経済

相変わらず「日本国債は破綻する」と考えている人が多いようです。それが大学教授や日本を代表する企業のトップときますから、なぜ日本だけが20年間ゼロ成長という馬鹿馬鹿しい状況に追い込まれたのかが分かるというものです。

「日本は ...

国の借金, 経済

日本の景気は6年2カ月成長しているらしく、いざなみ景気を抜いて戦後最長になる可能性高いそうです。確かにGDPは1%程度の緩やかな上昇傾向が続いているため、「成長が続いている期間」が戦後最長には間違いないのでしょう。それでも賃金上昇は鈍 ...