経済, 間違った報道・政策

2018年の7月の豪雨で、近所の通学路が崩れました。

1か月後には応急処置として復旧しましたが、9月の台風に伴う大雨でまた同じように崩れてしまいました。応急処置として簡易的に直しただけだったため、本格的な復旧より耐久性に劣 ...

経済, 間違った報道・政策

世間では労働分配率に関する話題で盛り上がっています。残念ながらいつものように、親アベノミクスと反アベノミクスの立場の違いで都合の良い解釈がまかり通っているので、中立な立場から労働分配率にについて簡単な説明を試みたいと思います。 ...

政治

2010年の、辛坊 治郎氏、辛坊 正記氏兄弟による著書、 『日本経済の真実―ある日、この国は破産します』は、新自由主義者の考え方を知るには好著です。「このままだと日本は財政破綻する」とか、「ハイパーインフレになる」とか内容はアレなんで ...

経済, 間違った報道・政策

1990年代前半の日本のバブル崩壊、2000年のITバブル崩壊、2018年のリーマンショックが起きたように、バブルは10年に一度やってくる、といわれています。

世界と日本のバブルの歴史からバブルが10年に1度起こる事を分析 ...

仕事について, 政治, 自分について

先ほど、イランVSポルトガルの試合が終わりました。結果は1-1と逼迫したものでしたが、ボール支配率は優勝候補の一角であるポルトガルが74%と圧倒的なものでした。

この実力差を埋めるために何をすべきでしょう?そう、ファウルぎ ...

政治

イタリアのシチリア島で開かれたG7サミットにおいて、米国と他国の溝が改めて浮き彫りになりました。それを象徴するのがこの写真です。どうやら、ドイツ政府が配信した写真のようです。

その構図は、トランプ大統領の保護貿易を非難する ...

経済, 間違った報道・政策

人が自由に行動すると、大方ろくなことになりません。

人にはそれぞれ個性があり、他人や社会全体に配慮できる人もいますが、多くは自分や家族の利益を最大化しようと行動しています。それは決して間違いではありませんが、多くの人が利己 ...

経済, 間違った報道・政策

将来が不安だから貯蓄しよう。これは正しい考え方でしょうか?以下のような記事が溢れる中、将来に備えた貯蓄が当然のように考えられているようです。

2025年問題とは国民の20%が75歳以上の超高齢化社会!そのための老後資金を効 ...

経済, 間違った報道・政策

現在は日本だけでなく、先進国を中心に新古典派経済学に基づいた経済政策が進められています。

新古典派経済学は市場経済は放っておけば安定するという考え方で、政府の介入はできるだけ小さくし、自由競争を促進する政策がとられます。小 ...

経済, 間違った報道・政策

経団連は相変わらず、政府に消費増税の実現を積極的に提言しています。

冷血の経団連 国民に痛みを強いてでも消費増税実現を提言

庶民の生活は苦しくなるばかりだ。経団連の榊原定征会長は、安倍自民が大勝した衆院選の結果 ...